今月は残り

発毛お試し体験への
申し込みはこちら

薄毛の基礎知識

男性型脱毛症(AGA)

最近では、多くの方が認知をしている男性型脱毛症(AGA)とは、Androgenetic Alopeciaの略語となります。直訳すると、「男性ホルモンによる脱毛症」と言った意味となります。

この男性の薄毛は、薄毛が進行する箇所が決まっていて、性毛が局在する頭頂部〜前頭部そして生え際にかけて薄くなることが特徴の一つです。そのため、側頭部や後頭部の髪のボリュームは変わりません。

男性の薄毛の原因とは?

この男性型脱毛症の主な原因は、DHT(ジヒドロテストロン)と呼ばれる悪玉の男性ホルモンが主となる原因です。

このDHTが毛根部分にある毛乳頭細胞と結合することにより、成長抑制因子を分泌させ髪の毛周期(ヘアサイクル)を乱すことが明らかとなっています。

AGA メカニズム
男性型脱毛症(AGA)の治療法

現在、男性型脱毛症における治療法として主として用いられているのは、AGA治療薬であるミノキシジルタブレット・フィナステリド そしてドクターズサプリメントを服用して、頭皮にミノキシジルのリキッドを塗布することで発毛させます。

しかし、多くのクリニックや皮膚科に置いてマイクロスコープ等で薄毛の進行状態や、患者様の体質(アレルギー・生活環境・食生活・運動習慣)など詳しく確認することなく、簡単な問診の元内服薬・外用薬が処方されているのが現状です。

お薬の力で、一時的にAGAの原因を抑制することはできますが、患者様の生活を確認した上で原因を特定していないため、人によっては、重度な副作用を感じてしまう人もいます。

女性男性型脱毛症(FAGA)

女性も年齢とともに、女性ホルモンが低下することによって髪の毛のボリュームが低下して薄毛になる女性男性型脱毛症(FAGA)が生じやすくなります。

女性男性型脱毛症は、男性型の薄毛のように頭頂部や前頭部など特定の部位が薄くなるのではなく、頭部全体的にボンヤリと薄くなるのが特徴であり、びまん性脱毛症とも呼ばれることがあります。

女性の薄毛の原因とは?

女性ホルモンは毛髪を健康に育てる作用がありますが、加齢とともに女性ホルモンが低下することによって男性ホルモンによる影響を髪の毛が受けやすくなるのです。

その結果、髪の毛が十分に成長しきる前に脱毛してしまうのです。

他にも女性の薄毛の原因は多岐に渡り、次のようなことも薄毛の原因としても考えられています。

女性 薄毛の原因
女性の薄毛(FAGA)の治療法

現在、女性の薄毛(FAGA)における治療法として最も用いられているのが、内服薬(ミノキシジルタブレット、スピロノラクトン)を服用して、頭皮にミノキシジル リキッドを塗布する治療法です。

しかし、男性の薄毛治療にも使用されるミノキシジルを服用してしまうと、副作用で体毛が濃くなるケースが多く、女性は美容面で悩み途中で断念してしまうのが多いのが現状です。

人によっては、指先や足の甲そして生えなくても良いおでこ全体までムダ毛が生えてしまった方も実際にいらっしゃいます。

以上のようにしっかりとメリットだけでなくデメリットも存在してしまうのが現在の薄毛治療となります。

スーパースカルプ 渋谷店の薄毛対策について

当院では、AGA治療薬であるミノキシジル・フィナステリドをいきなり勧めることはありません。

まずは、ご来店したお客様の「生活環境の変化」や「薄毛が進行し始めた時期」、そして「薄毛の進行具合」、「頭皮環境」全ての面から総合的に薄毛が進行してしまう本当の原因を追求することから行います。

すぐにAGA治療薬を勧めない分、他のクリニックより発毛までに患者様自身気をつけて頂くことや生えるまでの手間や時間は掛かってしまいます。

しかし、その方の抜け毛・薄毛の根本原因にアプローチする治療法を行うことで、過去1000人以上の方に発毛をご実感いただいています。

このように、人それぞれ生活環境が異なるため、お薬を渡すだけで終わるのではなく、体の内側から一つ一つ薄毛の原因になりうる要素を減らしていくことで治療が完了した後の予後まで満足して頂ける「本当の発毛」へ導きます。