育毛剤は薄毛に効果がない?育毛剤の効果を実感出来ない人が自分に合う最適な育毛成分の選び方を紹介

抜け毛が増えた時や髪の毛が薄くなったと感じる時に、検討する育毛剤。

しかし、いざ使用しても育毛剤の効果を実感出来ず、本当に効果があるのかな?と疑問を抱えてしまうケースがあります。

実は、ドラッグストアなどで育毛剤を購入しても、自分の薄毛や抜け毛の症状に合わせた製品を選ぶことが出来なければ、抜け毛の量を減らしたり、発毛の効果を実感出来ないのです。

今回は、「育毛剤が効かないと感じる理由と最適な育毛剤の選び方について」ご紹介します。

目次

育毛剤とは?

そもそも育毛剤がどのような製品かご存知でしょうか。

ドラッグストアなどで販売されている頭皮ケアや薄毛ケア製品は、一見同じような効果・効能に見えても、製品によって使用する目的や役割は全く異なります。

育毛剤とは、「毛を育ている剤」と書いてある通り「生えている髪の毛の維持や発育に貢献する製品」の総称です。

今はまだ髪の毛はしっかりと生えてはいるものの、将来起きるかもしれない薄毛や抜け毛を事前に予防することを目的としています。

そのため、育毛剤は予防や現状を維持する製品に用いられる「医薬部外品」として厚生労働省に認定されています。

育毛剤(養毛剤)効果や効能について
脱毛の防止及び育毛を目的とする外用剤育毛、薄毛、かゆみ、脱毛の予防、毛生促進、
発毛促進、ふけ、病後・産後の脱毛、養毛
医薬部外品の効能効果の範囲|厚生労働省

このように、育毛剤というのは、あくまで「発毛促進」であり発毛剤ではないことを認識することが大切です。

発毛剤と育毛剤の違い

育毛剤、発毛剤の使用目的の違いについて

「すでに薄毛の傾向がある」「抜け毛を止めたい」こんな薄毛を悩みを今抱えている人は何を使用すれば良いかは、医薬品に分類される発毛剤を使用することです。

製品では同じように見える育毛剤と発毛剤ですが、実は全く異なる効果があります。

発毛剤というのは、第一種医薬品と呼ばれる「ミノキシジル」が配合された医薬品です。そのため、薄毛の疾患や症状を治療するための用途に用いられます。

育毛剤と発毛剤の違いとは?「どっちが効果的?」正しい選び方を解説

育毛剤の使用はどんな人におすすめ?

育毛剤は、前述した通り「薄毛の悩みがないが将来的に自分の髪の毛が維持することが出来るか不安な人が予防のために使用するもの」となります。

そのため、育毛剤のしようとしてオススメな人は次の通りです。

  • 髪の毛のボリュームを上げたい
  • 頭皮環境を整えたい
  • 艶ハリがある髪の毛にしたい
  • 将来の薄毛予防をしたい
  • 未成年
  • 頭皮ケアに興味を持ち初めて使用する

薄毛に効果があると期待される育毛剤に含まれる有効成分について

育毛剤や養毛剤にも発毛剤ほどではありませんが、次のような成分が頭皮環境を整えたり、髪の毛を育毛させる効果があると期待されています。

そのため、育毛剤を購入される際は、自分の悩みの状態に合わせた成分が含まれているか裏面の成分表を確認した上で購入するか検討しましょう。

発毛促進を助ける成分

髪の毛の発毛をさせるためには、毛根部分にある毛母細胞に栄養を供給するために必要な「血行促進」と、髪の合成を司る「毛母細胞の活性化」の2つを促すことができる成分となります。

発毛促進を補助する成分一覧(育毛剤)
  • アデノシン
  • パントテニルエチルエーテル
  • ペンタデカン酸グリセリド
  • t‐フラバノン
  • ヒトオリゴペプチド(IGF)
  • センブリエキス
  • 塩化カルプロニウム

抜け毛を予防する成分

抜け毛 原因 テストステロン DHT

抜け毛が起きる主な原因は、悪玉男性ホルモンとも呼ばれるDHT(ジヒドロテストロン)によるものです。

DHTは毛根に存在する毛乳頭に結合することで成長抑制因子を分泌させ髪の毛の成長を停止させてしまうため、抜け毛を予防するためにはDHTの抑制や生成量を減らすことが大切となります。

抜け毛を予防する成分一覧
  • フィナステリド (医薬品)
  • デュタステリド (医薬品)
  • t‐フラバノン
  • アセチルテトラペプチド‐3 アカツメクサ花エキス(キャピキシル)
  • ノコギリヤシ
  • エチニルエストラジオール

頭皮環境を改善する成分

頭皮トラブルの原因となる要因は、頭皮の過剰な皮脂分泌による頭皮トラブルや、乾燥による痒み、そして皮膚の炎症などが頭皮環境が悪化することで生じます。

それぞれのトラブルに対して有効な成分は次の通りです。

皮脂の分泌を抑制する成分一覧
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6)
  • イオウ
  • カシュウ
  • イソフラボン
  • チオキソロン
  • ビタミンC誘導体
頭皮を保湿する成分一覧
  • ヒアルロン酸
  • アセチルグルコサミン
  • ホホバオイル
頭皮の炎症・痒みを抑える成分一覧
  • トウキエキス
  • グリチルリチン酸(甘草エキス)
  • ビワ葉エキス
  • カモミールエキス

育毛剤の効果を感じるまでの目安期間は?

育毛剤 効果 感じるまで 期間

育毛剤などの頭皮ケア製品は、1度使用することで効果を実感するものではなく、継続して長期間使用することで効果を発揮するものがほとんどです。

髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)があり、新しい髪の毛が生えるまで早くて3ヶ月遅い人では6ヶ月ほどかかると言われます。

そのため、育毛剤に関しても新しい髪の毛が生えてくるまでの期間6ヶ月程度を目安に継続して使用することで自分が望んだ効果を感じ始めます。

育毛剤で効果を感じない原因と対策法について

これまで自分の悩みに合わせた育毛剤の選び方(成分)や使い続ける期間をお伝えしましたが、しっかりと継続して使用しているにも関わらず、「育毛剤の効果を実感できない」場合は、次の原因が考えられます。

育毛剤の効果以上の薄毛の進行スピードである

薄毛の進行スピードは人によってそれぞれです。

薄毛の進行スピードが早い場合、育毛剤の効果だけでは効果を実感することが出来ないことがあります。

その場合は、育毛剤ではなくより効果が高い発毛剤や薄毛治療を行い、薄毛の原因をしっかりと抑制する必要があります。

育毛剤の効果は薄毛予防や頭皮環境を整える目的である

育毛剤はあくまで薄毛を予防ことが主の目的となるため、育毛剤の効果は目に見えて実感を感じにくい方もいます。

そのため、「髪の毛を増やす」や「今の抜け毛をすぐに解決したい」ようなケースは、育毛剤ではなく別の製品を使用する必要があります。

薄毛の専門家に相談

薄毛や抜け毛の悩みを抱えている人が最も効果的な方法は、薄毛の専門家に相談した上で、自分に合う薄毛対策法を提示してもらうことです。

そうすることで、薄毛が進行してしまう原因を特定することができ、適切な対策を行うことができます。

実際にこれまで育毛剤を継続して使用していたが効果を実感できず、薄毛治療院に来店されて薄毛が劇的に改善されることも少なくありません。

まとめ

本記事では、育毛剤が効果を感じない理由と自分にあった育毛成分の選び方を中心に、薄毛対策方法を解説しました。

一見同じように見える薄毛対策製品も、使用用途や効果は全く異なるのです。

自分の状態を把握して、髪の悩みに合う適切な薄毛対策方法を見つけていくことが大切となります。

また、早期に薄毛の悩みを解決したい場合は、薄毛の専門家に相談してしっかりと薄毛治療することをオススメ致します。

状態にあった最も効果的な治療を行うことが出来、悩みを解決できますよ。

参考文献:医薬部外品の効能効果の範囲|厚生労働省

髪の毛に関するお悩みはありませんか?お気軽に相談ください。

渋谷店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:03-6455-1408

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

吉祥寺店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:0422-29-9096

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

馬鳥 亮佑のアバター 馬鳥 亮佑 スーパースカルプ吉祥寺店・渋谷店総括長|スーパースカルプ発毛協会理事

スーパースカルプ発毛療法を用いたAGA患者年間1000件以上の改善実績を元に、スーパースカルプ吉祥寺駅前店を開院。現在、吉祥寺駅前院、渋谷院を展開。
一般社団法人スーパースカルプ発毛協会の理事として毛髪業界の健全化を目指し、その目的のために活動中。
youtubeとして【りょーすけ先生。髪ワザchannel】として活動をして効果のある治療方法や正しい薄毛対策法の知識を提供し、登録者数1万人越え。
発毛技能士
毛髪診断士
東京薬科大学大学院卒

目次
閉じる