DHT(ジヒドロテストステロン)が多い人の特徴は?増える原因を解説

ジヒドロテストステロン 多い人 特徴

ジヒドロテストステロン(DHT)は、数種類ある中でもテストステロンに次いで名前を知られている男性ホルモンの1種でAGAの原因物質だと言われているものです。

DHTの量が多いと何がいけなくて薄毛になってしまうのか、またDHTが多い人には特徴があるのでしょうか?

今回はジヒドロテストステロン(DHT)が多い人の特徴や増える原因、テストステロンとの違いやニキビ・体臭との関連などについて解説していきます。

目次

そもそもジヒドロテストステロン(DHT)とは?

まずは本題になっているジヒドロテストステロン(DHT)がどのような男性ホルモンで、体内でどのような働きをするものなのかについて解説させていただきます。

薄毛やAGAの話題の中では悪玉男性ホルモンとも称されるDHTは、実は大切な役割を持つ必要不可欠なホルモンでもあるのです。

ジヒドロテストステロン(DHT)の作用

ジヒドロテストステロン(Dihydrotestosterone:DHT)は男性ホルモンのテストステロンの一部が5αリダクターゼという還元酵素と結合することによって生成されるホルモンです。
主に皮膚(毛包)・脳・前立腺・精巣などの特定の組織で作用するもので、胎児期の男児の外性器形成や思春期における男子外性器の成長、前立腺や精嚢の維持・発達に重要な働きがあります。

思春期以降になると薄毛や前立腺肥大などのあまり嬉しくない働きをする事もありますが、脳内では記憶の調整や認知機能に深く関係しているため、DHTは必要不可欠な性ホルモンなのです。

ジヒドロテストステロン(DHT)と薄毛の関係性

ジヒドロテストステロン(DHT)が頭皮の毛乳頭細胞へと運ばれると、アンドロゲン受容体と結合してTGF-β1という増殖抑制因子を発生させ、さらにTGF-β1はFGF-5という退行期誘導因子に髪の毛の成長を止めて抜けるよう指示を出すということが、近年の研究により分かりました。

またDHTは皮脂の分泌にも関わっており、頭皮の皮脂を過剰分泌させてしまい頭皮環境を悪化させる事もあるということから、DHTが多いと薄毛になるという噂も広まっているのだと考えられます。

AGA=ジヒドロテストステロン(DHT)の量が多い人ではない

ジヒドロテストステロン(DHT)は男性だけでなく、女性を含め誰しもが持っている性ホルモンなのでDHTが多少多いからと言って全ての方がAGAになってしまう訳ではありません

AGAになる可能性が高いのは、毛乳頭内部にあるアンドロゲン受容体の感受性が高くDHTの量が増えやすい5αリダクターゼの活性度が高い方です。
上記の事から、DHTが多いだけでは確実にAGAになるとは言えないが、アンドロゲン受容体と結合しやすい場合はAGAになる可能性が高くなると言えます。

ジヒドロテストステロン(DHT)とテストステロンの違いとは?

同じ男性ホルモンであるジヒドロテストステロン(DHT)とテストステロンには、違いがある部分と共通する部分があります。

男性特有のがっしりとした骨格で筋肉の多い身体を作る役割がある男性ホルモンの中でも、一番有名なテストステロンと今回の主役であるDHTの違いについて解説していきましょう。

DHTとテストステロンとの違い

ジヒドロテストステロン(DHT)とテストステロンは同じ男性ホルモンではありますが、DHTはテストステロンが5αリダクターゼという還元酵素と結合する事から発生する産物です。

元々通常分泌されるテストステロンの4~8%程が皮膚(毛包)や精巣・前立腺・肝臓などでDHTへと変化し、それぞれの組織で作用しているのですが、その作用がDHTとテストステロンで異なる場合があります。

DHTとテストステロンの作用の違い

DHTとテストステロンの作用には、以下のような違いがあります。

ジヒドロテストステロン(DHT) テストステロン
胎児期・第二次性徴期の男児外性器成長 胎児期の男児内性器男性化
記憶力・認知力向上 筋肉増強・骨格発達
皮脂分泌・体毛(ヒゲ及び全身)の増加 皮脂分泌・体毛(ワキ・陰部・手足など)の増加
性欲減退 性欲増進
男性型脱毛症のリスク 記憶力・集中力向上
前立腺肥大症のリスク やる気・決断力向上

どちらも男性らしい体つきや行動などに関与する作用を持ちますが、テストステロンが性欲を増進させるのに対しDHTは減退させ、テストステロンは様々な機能を向上させる作用が多いのに対してDHTは男性型脱毛症(AGA)や前立腺肥大症のリスクを高めてしまうのです。

またDHTは、アンドロゲン受容体と結合すると髪の毛を作る細胞の働きを止めてしまう因子を発生させるために、薄毛のリスクが上がるという違いもあります。

ジヒドロテストステロン(DHT)が増える原因

ジヒドロテストステロン(DHT)が増えると、アンドロゲン受容体と結合する可能性が高くなり薄毛になってしまうのですが、一体なぜDHTが増えるのでしょうか?

DHTが増える原因としては、以下のことが考えられます。

DHTが増える原因:テストステロンの減少

ジヒドロテストステロン(DHT)はテストステロンよりも活性度が高く、体内で分泌されるテストステロンの4~8%程が自然とDHTに変換されるのですが、普段の食生活が乱れているとテストステロンの原料になる栄養素が不足してしまいます。

テストステロンが不足してしまう代わりに、より強力な働きをするDHTが生成されテストステロンの代わりに働くようになるのですが、DHTが増えることによって毛乳頭内部のアンドロゲン受容体と結合する確率も高くなり、薄毛になる可能性が増えるのです。

また加齢によっても、テストステロンの分泌量が低下するためDHTが増えることがありますが、70~80歳代でも若い男性よりテストステロン量が多い場合もあるので、生活習慣や食生活も密接に関係していると考えられ、また亜鉛が不足するとテストステロンが低下してしまうということが研究の結果分かっています。

DHTが増える原因:喫煙

1994年にアメリカの内分泌学会が発表した研究結果によると、喫煙者は非喫煙者と比較して男性ホルモンの血中濃度が高いということが分かりました。

年齢や体重などに関係なく、テストステロンは9%・ジヒドロテストステロン(DHT)は14%も高くなっており、喫煙することによって強く影響を受けることを表しているのです。

紙巻きタバコだけでなく、加熱式タバコや電子タバコであっても体内のDHTが増える可能性があるので、DHTを増やしたくない方は禁煙するようにしましょう。

DHTが増える原因:遺伝

ジヒドロテストステロン(DHT)が増える原因には、遺伝による5αリダクターゼの活性度の高さも深く関与しています。

5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、Ⅰ型は側頭部・後頭部から全身の皮膚にある毛乳頭細胞や皮脂腺・前立腺に存在し、Ⅱ型は前頭部や頭頂部・ヒゲや脇・陰部の毛乳頭細胞にあるため、AGAとより関係が深いのはⅡ型でDHTが増える原因になっているのです。

この5αリダクターゼは両親からの遺伝によって、活性度が高いかどうかが決まるとされ、また優性遺伝のため両親の内いずれかが活性度の高い遺伝子を持っていれば遺伝しやすいと言えます。

DHTが増える原因:ストレス

ヒトの身体はストレスを受けると、ストレスを緩和する為のコルチゾールというストレスホルモンの分泌をするのですが、それと共に男性ホルモンの分泌量が低下してしまいます。

男性ホルモンの分泌量が低下してしまうと、テストステロンの働きを補強するためにジヒドロテストステロン(DHT)が増えるというのは先述した通りです。

またこのストレスは、精神的なストレス以外にも激しい運動・ケガの傷みや病気なども関係していますし、紫外線や化学物質などによる酸化ストレスも含まれています。

DHTが増える原因:水分不足

ジヒドロテストステロン(DHT)は、代謝され体外に排出される際には尿に含まれることが分かっており、摂取する水分が不足してしまうとDHTを体外へ排出することが出来ないため、水分不足はDHTが増える原因になっています。

現代で飲料として人気があるのはコーヒーやお茶、清涼飲料水(炭酸飲料・エナジードリンク)などの嗜好飲料が多いのですが、水分補給としておすすめ出来るのは水です。

水を沢山飲む事によって尿の量が増えると、不要なDHTが体外に排出されると考えられるため、1日に1.5~2リットルほどの水を飲む事をおすすめします。

ジヒドロテストステロン(DHT)が多い人の特徴

今回の本題であるジヒドロテストステロン(DHT)が少ない、または適切な分泌量の方と多い人を比較するとどのような特徴があるのでしょうか?

DHTが体内に与える影響により、DHTが多い人には以下のような特徴が現れると考えられています。

DHTが多い人の特徴:ニキビや肌荒れ・テカリがある

ジヒドロテストステロン(DHT)は皮脂腺を活性化させる作用があり、そのために頭皮や顔などの皮脂が過剰分泌され、さらに角質細胞を厚くしてしまうことで毛穴に皮脂が詰まるため、DHTが多い人はニキビができやすいという特徴があります。

また、皮脂分泌が多いということでニキビ以外でも顔のテカリや肌荒れが気になってしまったり、顔の2~3倍ほど皮脂腺がある頭皮では毛穴の詰まりやベタつき・かゆみなどが起こってしまうのです。

皮脂の分泌量が増えると毛穴も広がって目立つようになるのですが、腕や足の毛穴が目立つことがないのはDHTが皮脂腺の多い顔や頭部に大きく影響するのに対し、腕や足などの身体には皮脂腺が少なく影響がわずかなためだと言えます。

DHTが多い人の特徴:体臭が強い

ジヒドロテストステロン(DHT)が皮脂分泌を促進するということから、DHTが多い人は皮脂が増えて体臭が強くなってしまうという特徴があります。

これは何故かというと、DHTが皮脂の分泌を促進する事によって細菌が繁殖しやすい環境を作ってしまい、そして皮脂や剥がれた角質を細菌が分解したものと汗が混ざって臭いが発生するため、体臭となってしまうと考えられているのです。

DHTが多い人に当てはまるかもしれないという方は、皮脂の分泌を抑えるためにも高脂質・高カロリーのような食事を避け、常に清潔を心がけると体臭が弱くなるかもしれません。

DHTが多い人の特徴:体毛が濃い

男性ホルモン(テストステロン)には男性らしい体つきを作り体毛を濃くするという作用があるのですが、テストステロンが減少する30代以降になってからジヒドロテストステロン(DHT)が増えると体毛が濃くなるという作用があります。

DHTが体毛の毛乳頭を刺激して成長を促進させる事で毛を太く長くするため、体毛が濃くなってしまうという特徴が出るのです。

最近では男性もムダ毛は薄い方がいいという方が増えているので、そういったDHTが多い人は増える原因を一つでも減らしていくとともに、メンズ脱毛などを利用してみることをおすすめします。

DHTが多い人の特徴:薄毛

ジヒドロテストステロン(DHT)と薄毛の関係でも解説した通り、DHTが頭部の毛乳頭細胞にあるアンドロゲン受容体と結合すると増殖抑制因子を発生させて抜け毛を増やしてしまいます。

体毛は増えるのに?と思った方もいるでしょうが、DHTは前頭部・後頭部への作用とは反対の作用を体毛に行うため、DHTが多い人は頭部は薄毛になってしまうのに体毛は濃くなるという現象を起こしてしまうのです。

その結果、ヘアサイクルを短縮させられた頭部の髪の毛は太く長く成長することが出来ず、細く弱々しい短い髪の毛が増えて薄毛になってしまいます

まとめ

今回はジヒドロテストステロン(DHT)が多い人の特徴や増える原因、テストステロンとの違い等を解説致しました。

薄毛・AGAで悩んでいる方がよく見るようなサイトには、DHTは悪玉男性ホルモンでAGAの原因だと記載されているのを見た方も多いと思うのですが、実際はDHTも体に必要なホルモンであり、アンドロゲン受容体の感受性が高い場合にのみ薄毛の原因になるということが分かって頂けたかと思います。

ただ、DHTはニキビや体臭の原因になってしまうこともあるため、必要以上に増やさないことが重要ですので、出来るだけ排出を早めるためにも水分を摂取して尿の量を増やすよう努めましょう。

テストステロンの低下防止を見込める亜鉛ですが、摂り過ぎてしまうと過剰摂取となり有害になる恐れがありますし、栄養バランスが整った食生活を送っていれば不足することがないとも言われています。

薄毛やAGAで悩んでいる方で普段の食事に不安がある方は、ご相談いただければアドバイスさせていただきますので、まずは気軽に薄毛の専門家へ相談してみてください。

参考文献
MSDマニュアル プロフェッショナル版 男性の生殖内分泌学
ツムラ Kampo View 男性のカラダのしくみと男性ホルモン
全米ストレングス&コンディショニング協会(NSCA) アンドロゲンとヒト成長ホルモンの使用に関する公式見解

髪の毛に関するお悩みはありませんか?お気軽に相談ください。

渋谷店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:03-6455-1408

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

吉祥寺店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:0422-29-9096

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

馬鳥 亮佑のアバター 馬鳥 亮佑 スーパースカルプ吉祥寺店・渋谷店総括長|スーパースカルプ発毛協会理事

スーパースカルプ発毛療法を用いたAGA患者年間1000件以上の改善実績を元に、スーパースカルプ吉祥寺駅前店を開院。現在、吉祥寺駅前院、渋谷院を展開。
一般社団法人スーパースカルプ発毛協会の理事として毛髪業界の健全化を目指し、その目的のために活動中。
youtubeとして【りょーすけ先生。髪ワザchannel】として活動をして効果のある治療方法や正しい薄毛対策法の知識を提供し、登録者数1万人越え。
発毛技能士
毛髪診断士
東京薬科大学大学院卒

目次
閉じる