ミノキシジルの外用液は濃度が濃すぎてもダメ?男女別お勧めの濃度を解説

ミノキシジルの外用液は濃度が濃すぎてもダメ?男女別お勧めの濃度を解説

AGA治療で最も使われる発毛剤「ミノキシジル外用薬」。ドラッグストアでも購入することが出来、最近では、リアップX5、リアップジェンヌ、ミノキ5など様々な製品が販売されています。

このミノキシジル外用薬には、ミノキシジルの含有濃度が製品によって異なります。今回は、男性そして女性が使用する場合に、何%の濃度を使用することが最も推奨されているか解説します。

また、ミノキシジル外用液濃度の違いによって発毛の効果・副作用の度合いについて検証したデータありますので合わせて報告します。

動画でも解説しています。

目次

ミノキシジルとは?

発毛剤に有効成分として配合されるミノキシジルは、壮年性脱毛症(年齢やAGAによる脱毛)の患者に対して「髪を生やすこと」と「脱毛の予防の効果」が厚生労働省に認められた唯一の医薬品です。

ミノキシジル は、高血圧のお薬として開発された経緯があるお薬で、付けた部分の血行を促進させることで、毛根にある毛乳頭細胞へ十分に栄養を届けるようにアプローチができます。栄養を受け取った毛根は、髪の毛の伸長に関与する毛母細胞を活性化して、髪を発毛させます。

また、非認可となりますが、ミノキシジル タブレットと呼ばれる服用タイプも存在しますが、今回は認可薬であるミノキシジル 外用薬に注目して解説していきます。

ミノキシジルの外用は何%〜何%まであるのか?

ミノキシジル の外用薬は、低いもので1%〜5%までがドラッグストアで取り扱いされています。ただしクリニックやインターネットの個人輸入などでは、最大で16%もの濃度まで購入することが可能です。

男性は何%まで使用可能?効果が出るまでの期間は?

男性の場合、日本皮膚学会および国に認可された濃度しては最大5%まで(国内最大濃度)とされています。
※ミノキシジル の発毛効果に関する比較試験の結果

この濃度が一般的に取り扱いすることが可能な濃度ではありますが、AGAの進行度合いや、患者の希望によって濃度を高めて10%を超える濃度を使用しているクリニックなどもありますが、濃度が濃ければ良いと訳ではありません。

また、ミノキシジル の外用は付けてすぐに効果が現れるものではありません。

ミノキシジル の効果によって血管が拡張され、毛母細胞が活性化される工程がありますので、少なくとも4ヶ月程度は継続して使用し続ける必要があります。

女性は何%まで使用可能?効果が出るまでの期間は?

女性の場合、日本皮膚学会および国に認可された濃度しては最大1%まで(国内最大濃度)とされています。
※ミノキシジル の発毛効果に関する比較試験の結果

男性と同様に、1%より濃い5%ミノキシジル 外用液の方がすぐに効果が出るイメージもありますが、濃度が濃ければ良いと訳でないです。

日本における、女性の脱毛症に対するミノキシジルの臨床試験は、1%しか行われていないので、2%以上の使用は認可されていません。

ミノキシジル の効果を実感できるまでの期間は、男性とと同様、少なくとも4ヶ月程度は継続して使用し続ける必要があります。

ミノキシジル外用の2%と5%の効果の差を比較した結果

本記事を読んでいる人は、自分により合う濃度を探し求めている可能性が高いため、どの濃度に置いて最もミノキシジルの外用液の効果が高かったか合わせて解説します。

2002年にJournal of the American Academy of Dermatologyに掲載された文献に、ミノキシジルの外用液を2%と5%と比較したデータがあります。

【臨床試験内容】
対象人数:393名の男性対象
使用期間:48週間使用
第1グループ:5%のミノキシジル外用液を使用(157名)
第2グループ;2%のミノキシジル外用液を使用(158名)
第3グループ:プラセボ液(78名)

結果としては、5%の外用液を使用した第1グループが、第2、3グループより、頭頂部および前頭部の毛髪平均数の変化が優位に上回った結果となりました。

参考文献
A randomized clinical trial of 5% topical minoxidil versus 2% topical minoxidil and placebo in the treatment of androgenetic alopecia in men

男性においてより頭頂部や前頭部の薄毛に対してミノキシジル外用で結果を出したい場合は、2%より5%の方が推奨されいます。ただし、肌の弱い方は注意が必要となります。

2%より5%の方が、副作用のリスク(赤み・痒み・フケ)が高まることも臨床結果として明らかとなっていますので、元々肌が弱い人は、初めは2%ミノキシジル外用から使用して様子をみるのも一つの手かもしれません。

ミノキシジル外用の5%と10%の効果の差を比較した結果

2019年にJournal of Dermatological Treatmentに掲載された文献に、ミノキシジルの外用液を5%と10%と比較したデータがあります。

【臨床試験内容】
対象人数:90名を対象
使用期間:6週間使用
第1グループ:5%のミノキシジル外用液を使用
第2グループ;10%のミノキシジル外用液を使用
第3グループ:プラセボ液

結果としては、5%の外用液を使用した第1グループが、第3グループはもちろん10%のミノキシジル外用液を使用した第2グループより、頭頂部および前頭部の毛髪平均数の変化が優位に上回った結果となりました。

この結果は、検証したグループとしても驚きの結果となったかと思います。

更に副作用を確認すると、当然10%を使用したグループが最もフケや赤みなどの頭皮トラブルが出た結果となっております。

参考文献
Efficacy and safety of a new 10% topical minoxidil versus 5% topical minoxidil and placebo in the treatment of male androgenetic alopecia: a trichoscopic evaluation

ということは、ミノキシジルは高い濃度を使えば良いという訳ではなく、適正濃度を守って使用する方が良いことなります。AGAの治療は長期的に行うもののため、副作用等のリスクもできる限り少なく済むことに越したことはないですよね。

【結論】ミノキシジル外用は女性は1%、男性は5%程度が良い

本記事では、ミノキシジルの外用液における濃度について解説しました。ミノキシジルは濃度が濃ければ濃いほど良い訳ではなく、自分に合う適正濃度を使用することが最も発毛力が高いことが明らかとなりました。

また、濃度が高いもののを使い続けるとそれだけデメリットである副作用を感じやすくなるため、長期的に継続して使うことが難しくなってしまうケースもあります。

男性ならミノキシジル外用5%程度、女性ならミノキシジル1%程度を目安に少なくとも4ヶ月以上継続して使用してみてはいかがでしょうか?

自分だけでは、薄毛や抜け毛の悩みが改善しない場合は、一度専門家にご相談ください。きっと今の悩みの原因に対して適切な対策を行うことができますよ。

髪の毛に関するお悩みはありませんか?お気軽に相談ください。

渋谷店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:03-6455-1408

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

吉祥寺店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:0422-29-9096

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

馬鳥 亮佑のアバター 馬鳥 亮佑 スーパースカルプ吉祥寺店・渋谷店総括長|スーパースカルプ発毛協会理事

スーパースカルプ発毛療法を用いたAGA患者年間1000件以上の改善実績を元に、スーパースカルプ吉祥寺駅前店を開院。現在、吉祥寺駅前院、渋谷院を展開。
一般社団法人スーパースカルプ発毛協会の理事として毛髪業界の健全化を目指し、その目的のために活動中。
youtubeとして【りょーすけ先生。髪ワザchannel】として活動をして効果のある治療方法や正しい薄毛対策法の知識を提供し、登録者数1万人越え。
発毛技能士
毛髪診断士
東京薬科大学大学院卒

目次
閉じる