フィナステリドとミノキシジルを併用すると発毛効果が上がるのは本当?

フィナステリド ミノキシジル 併用

AGA治療薬として効果があるとされるフィナステリド(プロペシア)とミノキシジルは、作用する仕組みが異なるので併用すると相乗効果があり発毛効果が上がると言われています。

今回はフィナステリドとミノキシジルがそれぞれどのような仕組みで発毛効果が期待できるのか、併用する事によって発毛効果が上がる理由や副作用について解説させて頂きましょう。

また、フィナステリドやミノキシジルといったAGA治療薬を服用せずに発毛した方を動画でご紹介していますので是非併せてご覧ください。

目次

AGA治療薬のフィナステリド・ミノキシジルとは?

日本国内で承認されているAGA治療薬のフィナステリドとミノキシジルについて、作用する仕組みをそれぞれ解説させて頂きます。どちらも作用が違うので併用する事は可能ですが、それぞれの特徴をまずはしっかりと把握しておきましょう。

AGAとは男性型脱毛症の事で、男性ホルモンのテストステロンに5αリダクターゼという還元酵素が反応する事によってジヒドロテストステロンへと変化し、本来であれば男性ホルモンを適度に働かせるのですが、毛乳頭にある男性ホルモン受容体と結び付く事で髪の毛の成長期を短縮させて、細く弱い髪の毛や抜け毛を増やしてしまうというメカニズムに外的要因が合わさって起こる症状です。

抜け毛を防ぐAGA治療薬「フィナステリド」

フィナステリドとはAGAの原因になっている5αリダクターゼの活性を阻害し、テストステロンがジヒドロテストステロンになってしまわないようにするAGA治療薬です。

ジヒドロテストステロンが減少すれば、毛乳頭内にある男性ホルモン受容体と結びつかなくなる為、髪の毛を弱くさせず抜け毛が減るという働きをする為、守りのAGA治療薬とも言われています。

発毛を促すAGA治療薬「ミノキシジル」

ミノキシジルは発毛に深く関与する毛母細胞の増殖を活性化させ、乱れてしまったヘアサイクルを正常化させるという2つの働きをもつAGA治療薬です。

また、血管を拡張させるという働きもあることから発毛に必要な栄養素を頭皮まで届けることも可能になる為、攻めのAGA治療薬とも言われています。海外では内服薬のタブレットも販売されていますが、国内では外用薬しか認可されていません。

AGA治療薬フィナステリドの効果と副作用

それでは先に、守りのAGA治療薬であるフィナステリドの効果と副作用について、詳しく解説させて頂きます。

フィナステリドは元々、男性に起こる前立腺肥大症の治療薬として開発されたお薬でしたが、副作用として毛が生えてきたという報告が多かったために育毛剤として開発され、現在では60ヵ国以上で使用されているAGA治療薬です。

AGA治療薬フィナステリドの効果とは?

日本で初めて承認されたAGA治療薬でもあるフィナステリドは、男性型脱毛症(AGA)にのみ適応する治療薬で女性のFPHLやその他の脱毛症への効果はありません。

思春期以降の男性の体内で活発になった5αリダクターゼはテストステロンに反応しジヒドロテストステロンが増え、毛乳頭内部の男性ホルモン受容体に取り込まれる事で髪の毛の成長期が短くなるのですが、フィナステリドは5αリダクターゼの働きを抑制する事でジヒドロテストステロンが増殖してしまう事を防ぎます

AGA治療薬フィナステリドに発毛効果はある?

残念ながらAGA治療薬とはいえ、フィナステリドに発毛効果はありません
実際にフィナステリドを服用して髪の毛が生えたという方もいますが、実質髪の毛が薄くなっていたとはいえ産毛程度のものは生えますので、フィナステリドを服用する事によって成長期が長くなり太い毛になっただけなのです。

ただ、5αリダクターゼの活性を抑制し抜け毛を防止すると言う観点においては、発毛促進効果がみられるということで発毛効果があるという声が出ているのだと考えられます。

AGA治療薬フィナステリドの副作用は?

男性が一番心配になるフィナステリドの副作用は性機能の低下ではないでしょうか?
もちろん個人差があるので気にならない方もいらっしゃるとは思いますが、性機能の低下には性衝動の減少や勃起不全・精液減少・射精障害があります。

その他には抑うつ症状、かゆみや蕁麻疹・発疹といた皮膚症状やAST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GTPの上昇と言った肝臓に関する症状が現れる事がありますので、定期的に血液検査を行う事が重要です。

AGA治療薬「ミノキシジル」の効果と副作用

攻めのAGA治療薬とも言われるミノキシジルの効果や副作用についても、詳しく解説させて頂きましょう。

ミノキシジルもフィナステリド同様に元々は高血圧症の治療薬として使用されていたもので、血管を拡張させることで血圧を下げる降圧剤として使用されていたのですが、副作用の多毛症と言う症状に着目しAGA治療薬として利用できるのではないかと考えられました。
ただ、服用するものでは副作用のリスクが高い為、外用薬のみが日本・アメリカなど各国で認可されています

AGA治療薬ミノキシジルの効果とは?

外用薬としてのAGA治療薬ミノキシジルは直接頭皮に塗布する事により、皮膚内部へと浸透させ毛根へ成分を届ける事で効果を発揮させるもので、濃度の低いものであれば女性でも使用する事が可能です。

ミノキシジル自体に毛細血管を拡張させるという作用がある為、髪の毛の育成に必要な栄養素を頭皮まで届ける事が出来る他にも、毛乳頭を刺激する物質の増殖促進・毛包内の細胞を成長させる・毛包を大きくするなどの効果によってヘアサイクルを正常化してくれるという効果があるのですが、現在のところ詳しいメカニズムは解明されていません。

AGA治療薬ミノキシジルに発毛効果はある?

攻めのAGA治療薬であるミノキシジルには先述したように毛包内の細胞を成長させる効果があり、毛母細胞の成長が促進され分裂増殖を繰り返し髪の毛が育ちます。
ミノキシジルを使い始めると一度強制的にヘアサイクルがリセットされ、髪の毛が成長準備段階に入り初期脱毛が起こるのですが、この現象が起こればミノキシジルの発毛効果が出ている証拠と考えられるのでご安心ください。

使用開始から4ヵ月経過した頃に発毛を実感できるので、この初期脱毛の現象は当たり前に起こるものだと考えていただき、ミノキシジルの使用を止めず使い続ける事が大切です。
ただしM字(生え際)の薄毛には発毛効果が薄いので、ミノキシジル外用薬はAGAの中でも頭頂部に症状がある方におすすめ出来ます。

AGA治療薬ミノキシジルの副作用は?

ミノキシジルは外用薬のAGA治療薬ですので、肌に合わない方は頭皮のかゆみやニキビが出る事があります。
その他には頭痛やめまい・胸痛・動悸・重度の低血圧などの血管拡張作用による副作用、頭部以外の体毛が増える多毛症、性欲の減退や手足・顔のむくみなどが報告されていますので、症状が現れた場合には医師または薬剤師の診断を仰ぐようにしましょう。

決められた用法・用量を正しく守っていれば起こることが少ない副作用ではあるものの、アレルギーであったり肌に合わない・成分を過剰に吸収してしまいやすいなど、絶対に起こらないとは言えません。
甲状腺機能障害や高齢者・未成年者、高血圧や低血圧の方・心臓や腎臓の疾患を抱えている方などはミノキシジルを使用出来ませんので、使用できるAGA治療薬があるかは薄毛治療の専門家へご相談ください。

フィナステリドとミノキシジルを併用した時の発毛効果

日本皮膚科学会ガイドラインによればフィナステリドの内服・ミノキシジルの外用に対する推奨度はどちらも「A.行うよう強く勧める」であり、フィナステリドとミノキシジルを併用した研究結果(The Effectiveness of Combination Therapies for Androgenetic Alopecia: A Systematic Review and Meta-Analysis)でも有効性の高さが報告されています

フィナステリドで抜け毛を抑制し、ミノキシジルで発毛を促進するので片方のAGA治療薬のみを使用するよりも発毛効果への期待が高まるのです。

フィナステリドと塗るミノキシジルを併用した時の発毛効果

まずはフィナステリドと日本でも認可されている塗るミノキシジルとを併用した場合、発毛効果がどれくらい上がるのかについて解説していきましょう。

フィナステリド単体では基本的に抜け毛を減らす事しかできないので、頭皮や髪の毛を育てる細胞へ栄養を送り発毛させるミノキシジルを併用する事はかなり有効です。
ただし塗るミノキシジルは外用薬なので穏やかに作用する為、発毛効果を実感するまでには半年ほどかかる方も多く、また半年経過しても効果が見られない場合はミノキシジルが合っていない場合も考えられます。

フィナステリドと飲むミノキシジルを併用した時の発毛効果

続いてはフィナステリドに国内未認可の飲むミノキシジル(通称:ミノタブ)を併用した場合の発毛効果ですが、どちらのAGA治療薬も体内で吸収される為に塗るミノキシジルよりも効果は高くなると期待されています。
ただ、血管拡張作用から起こる頭痛やめまい・動悸、目の腫れなどという副作用が起こる確率も高くなるので注意が必要です。

全身の体毛にもミノキシジルの効果が出やすくなる為、あらゆる箇所の体毛・産毛が濃くなる多毛症という副作用にもなりやすいですが、塗るミノキシジルでは効果が出にくい生え際やこめかみの薄毛でも発毛効果を得られる事があります。

まとめ

今回はフィナステリドとミノキシジルを併用した際の発毛効果について、またフィナステリドとミノキシジルそれぞれの効果や作用・副作用について解説させて頂きました。

薄毛治療のクリニックなどでは高用量の飲むミノキシジルを処方される場合もありますが、副作用もきつく低用量のものとさほど効果も変わらないので高用量の飲むミノキシジルを勧められても断るようにしましょう。

また、AGA治療薬は飲み始めると継続して飲み続けなければ再度薄毛になってしまうので、金銭面の負担や副作用の問題などが付きまといます。
当院ではAGA治療薬を使用せずにAGAから解放された方も多くいらっしゃいますので、まずは専門家への相談しAGA治療薬以外の対策を講じてみる事がおすすめです。

リスクの少ないAGA治療の相談はいつでも受け付けていますので、是非ご相談ください。

参考文献:
大正製薬 リアップ
日本皮膚科学会ガイドライン

髪の毛に関するお悩みはありませんか?お気軽に相談ください。

渋谷店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:03-6455-1408

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

吉祥寺店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:0422-29-9096

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

馬鳥 亮佑のアバター 馬鳥 亮佑 スーパースカルプ吉祥寺店・渋谷店総括長|スーパースカルプ発毛協会理事

スーパースカルプ発毛療法を用いたAGA患者年間1000件以上の改善実績を元に、スーパースカルプ吉祥寺駅前店を開院。現在、吉祥寺駅前院、渋谷院を展開。
一般社団法人スーパースカルプ発毛協会の理事として毛髪業界の健全化を目指し、その目的のために活動中。
youtubeとして【りょーすけ先生。髪ワザchannel】として活動をして効果のある治療方法や正しい薄毛対策法の知識を提供し、登録者数1万人越え。
発毛技能士
毛髪診断士
東京薬科大学大学院卒

目次
閉じる