若年層若ハゲ化に悩む男女に薄毛改善調査を実施!今やるべき対策法とは?

Young-bald

ここ数年で増えているのが、10~30代の男性・女性に現れる若ハゲと言われる症状です。
若ハゲを含む薄毛の原因は遺伝や男性ホルモンが主だとされていますが、ストレスや食生活も大きく関与しています。

そこで今回は来院していただいているお客様へのアンケート調査を行った結果と共に、若ハゲ化に悩んでいる割合や改善に向けた対策などを解説させて頂きます。(2020年1月から2021年4月まで)

若ハゲは適切に対策する事でほとんどの方に改善が認められるので、薄毛で悩んでいる男性・女性は早めに今回ご紹介する対策法を試してみましょう。

10代や20代で若ハゲになってしまった方でも治す秘策はYouTubeの動画でも解説していますので、是非こちらも合わせてご参照ください。

目次

若ハゲで悩む男性へのアンケート調査の結果

まずは当院に来店される10代~30代の男性に限定したアンケート調査の結果をご覧いただきましょう。
今回は下記2点に対して、2020年1月から2021年4月までアンケートを取りました。

・現在の頭髪の状態に不満がある
・現在の髪の状態をどう変えていきたいか

それぞれのアンケート調査の結果を順番にご紹介していきます。

現在の頭髪の状態に不満がある男性の年代別割合

こちらのグラフを確認していただくと分かる通り、現在の頭髪の状態に不満がある男性は20代が一番多く、次いで30代となりました。
アンケートに答えていただいた10代 31名・20代 301名・30代 177名の男性が、現在の髪の毛の状態をどのように変えていきたいかを、それぞれの年代別に取ったアンケート調査の結果を見ていただきましょう。

今の髪の毛をどう変えていきたいか【10代男性のアンケート調査の結果】

31名の10代男性に取った今の髪の毛の状態をどのように変えたいかという質問へのアンケート調査の結果がこちらです。

もちろん若ハゲの度合いにもよりますが、まだまだこれからヘアスタイルもおしゃれをしたい年代ですし将来的な薄毛の心配もあるでしょう。
一番多い「今より生やしたい」という回答からは、若ハゲになる兆候が現れてきたという事が読み取れますが目立たないようになれば良いという意見も多く、深刻な状況では無いものの気になっているという事が分かります。

今の髪の毛をどう変えていきたいか【20代男性のアンケート調査の結果】

続いて最も多い20代の301名の男性に答えていただいた、今の髪の毛をどう変えていきたいかについてのアンケート調査の結果です。

10代では「今より生やしたい」が突出していたのですが、すぐに髪の毛が増えると怪しまれそうとの思いなのか20代では「時間をかけて生やしたい」という答えが一番多く、時点では「目立たないようになれば良い」となっています。
20代は職場の異性や友人関係の目が気になる年代でもあり、若ハゲの兆候が見られた段階で相談する方が多いようです。

今の髪の毛をどう変えていきたいか【30代男性のアンケート調査の結果】

続いて30代男性177名に質問した、今の髪の毛をどう変えていきたいかについてのアンケート調査の結果をご覧いただきましょう。

30代では「時間をかけて生やしたい」と「今より生やしたい」が同率となり、「即座に戻したい」の比率が下がっています。
薄毛・若ハゲの進行が気になりだす年代で、職場やプライベートでのストレスも増え若ハゲが進み目立ってきてしまい焦り始め出す頃です。
特に前頭部・頭頂部の薄毛を自覚して治療を始められる方が増えるという傾向もあります。

若ハゲで悩む女性へのアンケート結果

10代から30代男性のアンケート結果に続いて、同様に10代から30代の女性に答えていただいたアンケート調査の結果をご覧いただきましょう。

男性のものと同様の質問事項2点を、それぞれ同じようにご紹介していきます。

現在の頭髪の状態に不満がある女性の年代別割合

男性の時と比較して、女性では30代で若ハゲを気にする方が増えています。30代に次いで20代と男性のアンケート調査の結果と反対で、10代は男性と同様に6%程です。

続いて今回のアンケート調査に協力してくださった10代 7名・20代 38名・30代 63名の女性が、今の髪の毛の状態をどのように変えていきたいかを各年代別にしたアンケート調査の結果をご覧ください。

今の髪の毛をどう変えていきたいか【10代女性のアンケート調査の結果】

まずは7名の10代女性に答えていただいた、今の髪の毛の状態をどのように変えていきたいかというアンケート調査の結果です。

女性はヘアスタイルで変化をつける事で隠せることが多いせいか「目立たないようになれば良い」という答えが一番多くなりました
10代というおしゃれに敏感で周囲の視線も気になる世代ということもあり、時間をかけて生やしたいという回答が最も少なく、女性は将来的に薄毛になる可能性が男性よりも低いと思われているためなのか将来的に予防したいという回答も少数となりました。

今の髪の毛をどう変えていきたいか【20代女性のアンケート調査の結果】

続いて20代女性への今の髪の毛をどう変えていきたいかというアンケート調査の結果でも「目立たないようになれば良い」という回答が一番多く見られました

20代女性ともなればメイク・ヘアスタイルなどの技術も上がる為、上手に若ハゲが気になる部分を隠すテクニックもあるからなのかもしれません。
結婚・出産による家庭環境や進学・就職で一人暮らしになり、食生活が乱れるなどといったことでの一時的に増える脱毛だと考える方も多いためか「時間をかけて生やしたい」「将来的に予防したい」という回答は少なくなっています。

今の髪の毛をどう変えていきたいか【30代女性のアンケート調査の結果】

最も回答していただいた人数が多かった30代女性でも「目立たないようになれば良い」という答えが多くなりました。女性は髪の毛を結んだりセットする事で隠せることが多いためだと思われます。

30代女性で薄毛が気になり当院に来店されるということは、若ハゲの進行度合いも20代女性より進んでいる事もあり不安が大きくなっている方も多いです。
女性の社会進出も増え、男性と同じかそれ以上に働く女性の中には若ハゲという悩みを抱えた方が少なくありません

【男女別】若ハゲになる原因を解説

当院に来院された方の中から10代~30代という若ハゲ化に悩む男性・女性の割合や今後の改善についてのアンケート調査の結果をご覧いただきました。

続いては若ハゲ・薄毛に悩んでいる男性・女性別に若ハゲになる原因を詳しく解説していきましょう。

男性が若ハゲになる原因

男性は主に遺伝的な原因によるAGA(男性型脱毛症)が多いのですが、遺伝だけが原因では無く様々な要因が混ざり合って発症します。
中でも10代~30代の男性に起こる若ハゲ・薄毛は以下のようなことが原因となりAGAの発症を加速させるのです。

男性が若ハゲになる原因①スマホやPCの長時間使用

職場で使用する事が多いPCや、プライベートでのコミュニケーションツール・ゲームなどで使用するスマホを長時間使用する事で目を酷使し、肩や首・頭皮が凝ってしまう事で血流が悪くなることが若ハゲの原因になります。

寝る寸前までスマホを触っている方も多いかと思いますが、そうすると睡眠の質が低下して睡眠不足に陥ることも多く自律神経のバランスを崩して成長ホルモンの分泌が悪くなり若ハゲや薄毛の進行を早めてしまう事にも繋がります。

男性が若ハゲになる原因②ストレス

不特定多数の人が集う学校や職場、家庭でも人間関係のストレスは存在します。その他にも勉強や仕事についてのストレスや季節によるストレス、痛みや紫外線・臭いなど人間はあらゆることからストレスを感じるのです。

過度なストレスが長期間続く事でホルモンバランスや自律神経のバランスを崩し、血管収縮を引き起こす事でも若ハゲの原因になりますので、適度に発散できる方法を見つける事が重要になります。

男性が若ハゲになる原因③食生活の乱れ

遅い時間まで部活動をしていたり、塾や習い事をしている事で自宅での食事から外食に変わってしまった、または一人暮らしで外食やファストフードばかりになり栄養のバランスが偏ってしまう事も若ハゲの原因になります。

髪の毛を作る為には髪の毛の主な成分であるケラチンを作るタンパク質、そしてケラチンを作る際に必要なビタミンやミネラルが必要になるので、これらをバランスよく摂取する事が大切です。

男性が若ハゲになる原因④頭皮環境の悪化

髪の毛をセットする時にワックスやジェル・スプレーを使い、帰宅後には疲れてそのまま就寝してしまったり、朝シャンが日課になっている・ファッションのこだわりでキャップやハットなどを長時間使用している・仕事でヘルメットを着用しているなど、絶対にNGでは無くてもそれ相応の対策を講じていない事で頭皮環境が悪化すると若ハゲの原因になります。

おしゃれの為にとヘアカラーやパーマを頻繁に行っていると頭皮へのダメージも蓄積されますし、シャンプーのやり方やドライヤーのかけ方でも皮脂を落とし過ぎてしまったり頭皮に傷をつける・乾燥を招く、洗い残しで雑菌が繁殖するなど頭皮環境を悪化させてしまっている方が多いです。

関連記事:ヘルメットや帽子をかぶり続けるとハゲるって本当?薄毛の噂を徹底解説

男性が若ハゲになる原因⑤男性ホルモン

20代や30代、特に10代は男性ホルモンの分泌が活発で、声変わりや生殖機能の発達・骨格形成や筋肉増強など、いわゆる第二次性徴が始まり、その後40代から60代にかけて徐々に減少していきます。

男性ホルモンのテストステロンは頭部や脇・前立腺などに存在する5αリダクターゼという還元酵素と結びつくと、ジヒドロテストステロンとなり、毛穴の奥の毛乳頭細胞にある男性ホルモン受容体へ取り込まれ脱毛を促す働きをします。
とは言え、ジヒドロテストステロンは男性らしい体つきを作るホルモンでもあり、増えすぎても減り過ぎても問題になってしまうものなのです。

男性が若ハゲになる原因⑥喫煙や過度の飲酒

喫煙は毛細血管を収縮させて髪の毛の育成に必要な酸素や栄養素が毛母細胞まで届けられなくなる他、髪の毛の育成に必要なビタミンを大量消費したり栄養素を作り出す肝臓を疲労させてしまう等、タバコは若ハゲの進行を早める原因の一つとして知られています。

過度の飲酒もアルコールを肝臓が分解する際の副産物でジヒドロテストステロンを増やすアセトアルデヒドを生成してしまいます。
ジヒドロテストステロンが増えれば、それだけ5αリダクターゼと結合する確率も増えてしまうので喫煙や過度の飲酒は控える事が重要です。

女性が若ハゲになる原因

女性の若ハゲは男性とは違い、部分的では無く全体的に抜け毛が増えたり薄くなったと感じる事が多いです。

男性の原因でもお話したストレスや食生活の乱れなども関わってきますが、女性の若ハゲは症状によって原因が違うこともあります
主な女性の若ハゲになる原因には以下のようなことがあり、早期に対策する事で症状の改善を早める事が可能です。

女性が若ハゲになる原因①出産による脱毛

女性は出産する事で、妊娠中に多く分泌されていたエストロゲンが妊娠前の状態にまで戻るというホルモンバランスの変化によって、一気にヘアサイクルが休止期へ加速して抜け毛が増える出産後の脱毛が若ハゲの原因になることがあります。

出産後に発症する事が多く、ほとんどの方が産後2~3ヵ月~1年程度で元通りの毛量へと戻ることが多いのですが、産後のストレスや栄養バランスの乱れ・生活習慣の乱れ、加齢による毛母細胞の機能低下・体型を戻すのを急ぐあまり無理なダイエットをするなど出産後脱毛症を長引かせてしまう方もいます

女性が若ハゲになる原因②髪を長時間強く結ぶ

ロングヘアやミディアムヘアの女性に多く、強い力で長時間髪を結んでいる事が若ハゲの原因になります。これは牽引性脱毛症と言い、頭皮に負担をかけ血行不良になる事が原因です。

仕事上どうしても強く結ぶ必要がある方や毎日ポニーテールやお団子ヘア、きつく編んだ三つ編みなどのヘアセットをしている方、ロングヘアのエクステをしている方に多く、女性特有の若ハゲの原因となっています。

女性が若ハゲになる原因③過度なダイエット

スタイルを気にする女性に多い若ハゲの原因には、栄養不足を招いてしまいやすい過度なダイエットもあります。
食事制限をするダイエットでは髪の毛の育成に必要な栄養素が不足し、ヘアサイクルを乱すだけでなくホルモンバランスも崩してしまう事が多々あるのです。

更に過度なダイエットをする事でストレスが増え、自律神経の乱れを引き起こして血管が収縮し酸素や栄養素が毛母細胞まで行き渡らないということにも繋がります。
交感神経が活発な状態が続くと女性ホルモンの分泌が減少し、男性ホルモンが優位な状態になる為に抜け毛が増え若ハゲの原因になるのです。

女性が若ハゲになる原因④FPHL(女性型脱毛症)

男性のAGAと合わせて以前までFAGAと呼ばれていた女性型脱毛症ですが、現在ではFemale Pattern Hair Lossの頭文字を取り「FPHL」と呼ばれるようになったものが原因になる女性の若ハゲです。
FPHLは一つの原因で起こるものでは無く、女性ホルモンの乱れや分泌低下、加齢、喫煙などあらゆることがきっかけで薄毛が発症する事は明らかとなったのですが、詳細はまだ研究段階ではっきりとされていません。

女性の薄毛(FPHL)が起きる原因

  • 女性ホルモンの低下・乱れ
  • 過度なヘアケア
  • ストレス
  • 出産後脱毛
  • 加齢
  • 過度なダイエット
  • 経口避妊薬(ピル)や向精神薬の服用
  • 喫煙

上記にあるような様々な事が絡み合うことでヘアサイクルの乱れに繋がり、休止期の髪の毛が増えて抜け毛が増える事が原因となり若ハゲになります。
前頭部や頭頂部など全体の髪の毛の密度が減ってしまう「びまん性脱毛症」も、FPHLが原因になることが多いです。

関連記事:FPHL(女性型脱毛症)とは?女性の薄毛について原因と治療法を解説

女性が若ハゲになる原因⑤貧血

女性に多い貧血の中でも鉄分が不足する鉄欠乏性貧血や隠れ貧血という食生活が原因になるものや、溶結性貧血・再生不良性貧血などの疾患も若ハゲの原因になります。
何故貧血が若ハゲの原因になるのかというと、体内に酸素を運ぶヘモグロビンの原料となる鉄分が不足する事でヘモグロビンの量が減少し頭皮まで酸素や栄養が届かなくなる為です。

以下の症状に3つ以上心当たりがある方は、一度医師の診断を受ける事をおすすめします。

  • 日頃から疲れやすい
  • むくみやすい
  • 手足の冷え
  • 爪が割れやすい
  • 生理が重い
  • 軽い運動だけで動悸や息切れがある
  • めまいや立ちくらみを起こす
  • 顔色が悪いと言われる
  • 毎日のようにだるさを感じる
  • 肌や髪に艶が無い
  • 爪や下まぶたの裏側が白っぽい
  • 頑固な肩こり
  • 疲れが残りやすい
  • よく風邪をひく、風邪が長引く
  • 妊娠中である

女性が若ハゲになる原因⑥生活習慣の乱れ

男性の若ハゲの原因になっているような食生活の乱れや睡眠不足・ストレスに喫煙など、生活習慣が乱れている事も女性の若ハゲになる原因です。
シャンプーやトリートメントなどの洗い残しやドライヤーのかけ方、ヘアカラーやパーマを頻繁に行う事も頭皮や髪の毛に負担をかけてしまいます。

朝シャンですすぎ残しやドライヤーの時間を削ってしまったりしてしまう事でも頭皮環境が悪化しますし、喫煙や過度の飲酒も頭皮の血行不良や酸欠・栄養不足を引き起こしホルモンバランスまで崩してしまうので若ハゲの進行を早めてしまう事にも繋がります。

若ハゲの進行を止めて改善する対策方法を解説

ここからは若ハゲの原因から進行を止めて、薄毛の症状を改善する対策方法を解説していきます。

ご自身で対策可能な生活習慣やホルモンバランス・自律神経のバランスを整える方法や、進行してしまっている若ハゲへの治療法などのこれからお伝えする対策を行い、一刻も早く若ハゲの進行を食い止める事が大切です。

若ハゲ進行への対策:生活習慣の改善

まず第一に大切な若ハゲの進行への対策は、生活習慣を改善する事です。
寝る前のスマホやPCの使用は控え、髪の毛に欠かせない成長ホルモンを分泌する午後10時から午前2時には眠るようにし、睡眠時間を6~7時間は確保できるようにしましょう。

高脂質・高カロリーなものを避け、タンパク質・ビタミン・ミネラルを多く含む食品をベースに、バランスよく栄養を摂れる食生活への改善や飲酒や喫煙を控える事も重要な対策です。
無理なダイエットを止めてバランスの良い食事を摂ることでホルモンバランスも安定しますし、健康な体の維持にも役立ちます。

若ハゲ進行への対策:頭皮環境を整える

シャンプー液をそのまま頭皮に付けてから泡立てたり、力を入れてゴシゴシこする・爪を立てて洗う・1日に1回以上シャンプーする・自然乾燥などは頭皮環境を悪化させる一因です。
髪の毛や頭皮に優しいシャンプーを選ぶ正しい方法でシャンプーをする髪を洗った後は必ずドライヤーをかけて乾かすということが頭皮環境を整える対策の一つになります。

入浴は頭皮の血行促進にも繋がりますので、シャワーでは無く浴槽にお湯を溜めてゆっくり浸かるようにしましょう。
紫外線も頭皮に刺激を与えるので、髪の毛にも使える日焼け止めや帽子をかぶるなどして紫外線対策を行うことも重要ですし、パーマやヘアカラー・ブリーチは控える事も若ハゲの進行への対策です。

若ハゲ進行への対策:自分なりのストレス解消法を見つける

リラックス効果のあるアロマや映像、軽い運動や気分が上がる音楽を聴くなど今は様々なストレス解消法があります。一つだけでなくいくつもピックアップしておく事で、ストレスの度合いによって変える事が出来るストレス対策になります。
映画鑑賞や読書、料理やプラモデル・園芸・DIYなどの創作作業、ヨガや瞑想などの一人で出来るものから、コロナ渦では難しいですが友人と会って話したりイベントへ行く、大声で叫ぶなどもおすすめです。

疲れずに楽しめる自分の好きな事を見つける事が一番重要ですが、身体を動かすジムやウォーキングなどの軽い運動は心地よい疲労を生み睡眠の質を高めてくれます。
景色の良い所(山・海・川)へ行ったり日光浴は精神を安定させてくれる効果も高くおすすめ出来ますが、やけ食いや飲酒・買い物は体や精神へ悪影響になることもあるので注意しましょう。

若ハゲ進行への対策:育毛剤の使用や専門家への相談

若ハゲと言ってもまだ抜け毛が気になる程度であったり、多少薄くなってきたと感じているもののAGAやFPHLとまではいかないのであれば、頭皮環境を改善する為にも育毛剤は若ハゲへの対策になり得ます
発毛促進を補助するアデノシン・パントテニルエチルエーテル・センブリエキス・ヒトオリゴペプチド(IGF)や、抜け毛予防のt-フラバノン・ノコギリヤシ・エチニルエストラジオールなどの成分を含むものがおすすめです。

それでも若ハゲの進行が心配な方や、上記の対策を講じても効果が見られない方は薄毛の専門家へ相談する事が一番の対策法になります。
実際に当院では若ハゲに悩んでいる方も多く来院され薄毛を劇的に改善されているので、細胞も若く修復しやすい若いうちに薄毛対策を行う事で将来の薄毛を予防する事に繋がります

関連記事:育毛剤は薄毛に効果がない?育毛剤の効果を実感出来ない人が自分に合う最適な育毛成分の選び方を紹介

まとめ

今回は当院に来院した10代~30代の男性・女性に行ったアンケート調査から、若ハゲに悩む割合やどう変えていきたいかの結果を元に若ハゲの原因や改善する対策を解説しましたが、いかがでしたでしょうか?

男性は20代で若ハゲを実感し「今より生やしたい」「時間をかけて生やしたい」という回答が多く、女性は30代で若ハゲを実感して「目立たないようになれば良い」という回答が多いという事が分かりました。

男性でも女性でも、早期に若ハゲへの対策を行う事で症状が改善される事が多いので、原因になることを排除し今回ご紹介した対策を一つでも多く行うようにしましょう。

それでも若ハゲが改善されない、少しでも早く悩みを解消したいという方は薄毛の専門家に相談して早期の治療を行うことをおすすめ致します。


髪の毛に関するお悩みはありませんか?お気軽に相談ください。

渋谷店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:03-6455-1408

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

吉祥寺店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:0422-29-9096

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

馬鳥 亮佑のアバター 馬鳥 亮佑 スーパースカルプ吉祥寺店・渋谷店総括長|スーパースカルプ発毛協会理事

スーパースカルプ発毛療法を用いたAGA患者年間1000件以上の改善実績を元に、スーパースカルプ吉祥寺駅前店を開院。現在、吉祥寺駅前院、渋谷院を展開。
一般社団法人スーパースカルプ発毛協会の理事として毛髪業界の健全化を目指し、その目的のために活動中。
youtubeとして【りょーすけ先生。髪ワザchannel】として活動をして効果のある治療方法や正しい薄毛対策法の知識を提供し、登録者数1万人越え。
発毛技能士
毛髪診断士
東京薬科大学大学院卒

目次
閉じる