コロナ禍で薄毛の悩み若年層化が加速?髪に対する意識はどう変わった?

コロナ 薄毛 若年層

2019年の年末に発生した新型コロナウイルスは2020年から現在まで、日本でも猛威を奮い続けこれまでの日常が大きく変化し様々な物事に影響を及ぼしています

外出が制限され仕事にまで影響が及び、緊急事態宣言や蔓延防止措置が取られる中でマスクや手洗い・消毒などが当たり前になり、密を避ける行動をしなくてはならない等の新しい生活様式を続ける中で、若年層に薄毛の悩みが加速化してきているのです。

そこで今回は当院に2020年1月から2021年4月までに来院された方にアンケートを行った結果(計797名・男女比 568:229)を元にして、コロナ禍で薄毛の悩みがどのように変わったのかを分析し、若年層へおすすめの薄毛対策を解説させて頂きます。

コロナ禍で薄毛の悩みが変化したかに関するアンケート
対象:当スーパースカルプ吉祥寺駅前店へ来院された方
有効回答者数:797名(男女比 568:229)
調査期間:2020年1月~2021年4月

特に若年層で薄毛の悩みが増えた原因について動画でも解説していますので、こちらも併せてご覧いただき参考になさってください。

目次

新型コロナウイルスの影響による薄毛には2種類ある

以前にもYouTubeの動画でコロナ抜け毛に関して解説していたのですが、当時はまだ1回目の緊急事態宣言が発出された頃だったため、自粛期間のストレスや運動不足・栄養の偏りなどで抜け毛が増える事はまだ先だとお話させて頂いていました。

その後、当院へ相談に訪れる方や報道など、新型コロナウイルスの蔓延によって2種類の薄毛が発症する事が分かりましたので、まずはこの点について解説させて頂きます。

コロナで薄毛が加速化する理由①新しい生活様式の影響

これまでは気の向くままに外食や運動が出来て、ストレス解消にとカラオケや飲酒も自由でしたが、三密を避ける行動が推奨されマスクや手洗い・消毒が当たり前になり外出すらも規制されてしまった事から、ストレスの増加や生活リズムが乱れるなどによって抜け毛が増えている事があります。

テレワークなどで外出する機会が減少し、食生活も簡単なインスタントや出前などで済ませてしまう事が増えたり、睡眠時間もバラバラになるなどしている方も多いです。
生活習慣の乱れは自律神経やホルモンバランスの乱れを引き起こし、運動不足や睡眠不足は血行不良の原因になり、ヘアサイクルまで乱れて抜け毛が増え薄毛へと進行してしまいます。

コロナで薄毛が加速化する理由②コロナウイルスに感染した後遺症

国立国際医療研究センター病院が行ったコロナウイルスに感染し入院した患者への退院後の聞き取り調査によると、発症から約2か月程度経過した方の中に脱毛の後遺症があった事が認められています。
これは後遺症があった方全体の24%にもなり、発症後約60日後には脱毛が始まり平均で約75日程度、長いと120日以上も継続したそうです。

海外でもコロナ感染者の後遺症として22%の方に脱毛の症状が現れ、報道などで聞かれる味覚障害よりも多くの方がコロナによる脱毛で薄毛が進行しているという事が分かっています。
コロナウイルスによる発熱や呼吸器などの症状が軽いとされる若年層でも、後遺症で薄毛になる可能性は重症患者と変わりなく、後遺症が長く続くケースも散見される為、出来るだけコロナウイルスに感染しないような対策が必要です。

アンケート結果から見る若年層の薄毛の悩み

続いては当院が2020年1月から2021年4月までに行ったアンケート結果から、コロナ禍でどのような薄毛の悩みを感じているかを解説していきます。

本題は若年層の薄毛の悩みですが、今回のアンケートでは10代から60代以上の男女全て(男性 10代:31名・20代:301名・30代:177名・40代:37名・50代:17名・60代:5名、女性 10代:7名・20代:41名・30代:68名・40代:77名・50代:29名・60代:7名)のアンケート結果を元にしてグラフ化させて頂きましたので是非参考にして下さい。

コロナ禍において生活が変わったと感じている男女の比率

まずはコロナ禍において生活が大きく変化したと感じている方の割合で、男女問わず全年齢で過半数を超え「変わったと感じているという事が分かります。
男女ともに変わったと感じている方が多く、特に男性は学校や職場に行けない事だけでなく飲み会なども減少して外に出る趣味が出来なくなったなど、あらゆる場面で変化があったそうです。

女性では変わったと感じている方も多いのですが、元々外出する機会が少なかったり自宅で過ごす事が多い傾向があったため、そこまで変わらないと感じている方が多いという事になりました。

コロナの影響で肉体的に忙しくなったと感じている男女の比率

続いてはコロナの影響で肉体的に忙しくなったかという質問に対して、男性・女性がどう感じているかの割合です。
男性は外出する機会が減り、肉体的に楽になったと感じている方も多いのですが、基本的にはあまり変わらないという回答が多く「忙しくなった 91名」「変わらない 255名」「楽になった 222名」となりました。

反対に女性は忙しくなったという回答が最も多く、「忙しくなった 151名」「変わらない 60名」「楽になった 18名」となったのですが、これはコロナ禍でテレワークや休校が増え食事を作る回数が増えた分の買い出しも量が増えたこと、自宅に家族がいる事で掃除の回数や質が増加している事が原因のようです。
男性のみなさんも自主的に家事をするか、母親や奥さん・パートナーにどういった事をすればよいかと聞いて出来るだけ負担を減らせるようにしましょう。

コロナ禍でストレスを感じている男女の比率

続いてのアンケート結果はコロナ禍で以前よりもストレスを感じている男女の割合です。
自粛疲れやストレスを発散できない事で男性は「ストレスを感じる 255名」「変わらない 112名」「楽になった 201名」、女性では「ストレスを感じる 172名」「変わらない 16名」「楽になった 41名」となり、多くの方がコロナが流行する前よりもストレスを感じているという事が分かります。

男女ともに楽になったと感じている方が一定数いらっしゃるのは、対人ストレスからの解放や通勤する必要が無くなったこと、リモートワークでマイペースに仕事を進める事が出来るようになった方々です。
反対にストレスを感じると回答された方の中には、接客業でクレームの対応が増えた方や出社が減ったり会社の業績悪化で収入が減少した・コロナ感染に対するストレスなどが関係していました。

今後どのように薄毛を改善していきたいか(男性)

当院へ来院された男性へ今後どのように薄毛を改善していきたいかという質問を行ったところ、10代・30代で「今より生やしたい」と、20代では「時間をかけて生やしたい」という回答が一番多くなりました
また、50代以上では「将来的に予防したい」という回答が減少し、コロナ禍で人と会う事が少ないうちに今より目立たない程度に髪を生やしたいという事がアンケートの結果から分かります。

10代から30代ではまだまだ薄毛になることは無いと思っていても、テレワークの普及で鏡やリモート会議で画面に映る自分の姿を見る事が増え、生え際の後退やボリュームが減ったと気づく方が増えているようです。
今のところ薄毛になっていない方でも、将来的に予防したいと考え相談に来られる方が増えているのはマスクの着用が当たり前になり、人の視線が目や髪の毛に行くことを意識しだしているという現実もあります。

今後どのように薄毛を改善していきたいか(女性)

続いて当院へ来院された女性が、今後どのように薄毛を改善したいかという質問に対しての回答をご覧いただきましょう。
多くの女性は部分的では無く全体的にボリュームが減っていく薄毛、びまん性脱毛症であることから「目立たないようになれば良い」という回答が全世代で多くなりました

次いで「今より生やしたい」「即座に戻したい」という順番となり、髪の毛を結んだりセットする事で隠す方法がある女性では、「時間をかけて生やしたい」「将来的に予防したい」という回答が少ないのが特徴です。

コロナによって薄毛で悩む若年層が増えた原因は?

新型コロナウイルスが蔓延する以前も一定数の若年層の方々が薄毛の相談に訪れる事もあったのですが、2020年からはリモート会議やリモート飲み会などで自分の姿を目にした時、薄毛になったと感じたという相談が増えました。

ストレスを解消したり思い切り運動する事が出来ず不満を抱え、外出すればコロナに感染するのではないかというリスクにさらされ、マスクや手指消毒にソーシャルディスタンスなどの制約も増えたなど様々な理由もありますが、一番はただでさえコロナへの感染という不安がある上に日常生活が大きく変化したことで少しの抜け毛でも不安になっている為だと考えられます。

コロナが関係して薄毛になる原因を解説

コロナが蔓延する前は自宅にいるよりも仕事やプライベートで外出していた方が多く、どの年代・性別であっても生活習慣がある程度一定でストレスも程度の差はあれど解消する方法の選択肢も多かったのではないでしょうか?

自宅で過ごす時間が増えた今、若年層だけでなく全年齢層で薄毛の悩みが増えた原因を解説させて頂きます。

コロナが関係して薄毛になる原因:食生活や生活習慣が乱れた

コロナ禍で外出がままならず、一人暮らしの方などはデリバリーやコンビニ・ファストフードで食事を済ませる方が増え、家庭がある方でも買い物へ行く回数が減少して野菜不足になったりしていました。
収入が減少した方の中には食事の内容が偏ってしまったり、回数を減らして収入と支出の差を縮めている方もいて食生活の乱れが散見され、栄養不足が心配されます。

また、テレワークの普及や休校などで睡眠時間に乱れを生じていた方も多く、スマホやパソコンの長時間使用で眼精疲労を起こしたりブルーライトの影響による睡眠不足なども髪の毛の育成に悪影響を及ぼし、血行不良やホルモンバランス・自律神経の乱れを引き起こす事があるので要注意です。

コロナが関係して薄毛になる原因:運動不足になった

外出する事が難しくなったコロナ禍では、散歩やジョギング・ジムなどのスポーツ施設に行くことが制限されてしまい運動不足になった方も多いです。
自宅が集合住宅の方では下の階に音が響くなどの不安もあり、家の中で運動する事が難しい方もいます

コロナ前までは通勤や通学、買い物などで外に出て歩く頻度が高かったのに対しコロナ禍ではそれも無くなり、自宅で出来るストレッチやヨガなどを始めてみたものの直ぐに辞めてしまったという方も増えていました。
運動不足になると全身の血流が悪くなり、髪の毛の育成に必要な酸素や栄養素が頭皮にまで届きにくくなり、抜け毛が増え薄毛の原因になるので注意が必要です。

コロナが関係して薄毛になる原因:ストレス解消が出来ない

コロナが蔓延してからは外出できる機会が減ってしまい、外でストレスを解消していた方は自宅でのストレス解消法に悩んでいる傾向があります。
家族やパートナーが自宅にいる事でストレスが増えた方も多く、特に女性は家事の頻度や質を求められることにストレスを感じる事が増えるも、1人になる時間が減少したことでストレスを解消できないと感じている方が多いです。

また、コロナへ感染する事や体調が悪くなっても病院へ行きづらい、学生なら登校できず友人との人間関係が希薄になるなど、これまでには無かった不安がストレスになっている方も増えていながら自分に合うストレスの解消法が分からない方が増えています。
ストレスが解消できなくなると自律神経のバランスが崩れ、睡眠不足や血行不良になる恐れがあるため抜け毛や薄毛の原因となってしまうのです。

コロナが関係して薄毛になる原因:シャワーの回数が減った

生活習慣の乱れの項目でも解説しましたが、自宅で過ごす時間が増えて外出しないからとシャワーや入浴の回数が減ってしまった方がいます。
自宅で過ごしていてもホコリや皮脂汚れは毎日溜まるものですし、1日1回のシャンプーをしない事で毛穴に汚れが詰まり髪の毛の育成に大きく影響を及ぼしてしまうのです。

シャワーを浴びるだけでなく浴槽にお湯をためて入浴する事で気分も変わりますし、質の良い睡眠をとることやストレス解消にも繋がるので最低でも毎日1回、就寝3時間前までに入浴するようにしましょう。

コロナが関係して薄毛になる原因:パソコンやスマホを使用する時間が増えた

特に若年層で増えているコロナ禍で薄毛になる原因に、パソコンやスマホの使用時間が増えた事があります。
コロナ以前では1日のスマホ使用時間が3時間までが最も多かったのに対し、緊急事態宣言後には人と直接かかわる時間が減少したからか7時間以上に増えた人もいるという調査結果(MMD研究所調べ)もあるほどです。

パソコンやスマホを長時間使用しているとブルーライトの影響で眼精疲労を起こしやすいだけでなく、姿勢が悪くなり肩こりや首のこりが出ることで筋肉が硬くなり血行不良を起こしやすくなります。
血行不良は髪の毛の育成に必要な栄養素を頭皮にまで行き渡らせることが出来なくなりますので、抜け毛が増え薄毛の原因となる為パソコンやスマホの使用はほどほどにしましょう。

コロナ禍で増えた薄毛の悩みを改善するには?

それでは最後に、コロナ禍で増えた薄毛の悩みに対して、どう改善していくことが出来るのかを解説していきましょう。

即座に薄毛を改善出来るという魔法のような改善方法はありませんが、しっかりと身体の中から整えていくことで抜け毛の量が減ったり、薄毛の進行を遅らせる事が出来るのでまずは試してみてください。
特に若年層であれば早期改善が見込めますので、一つずつ実践していく事をおすすめします。

コロナ禍で増えた薄毛の悩みへの対策:バランスの良い食生活にする

コロナ禍で乱れた食生活を整え、バランスの良い食事に変える事が一つ目のコロナ禍で増えた薄毛の悩みへの対策です。
髪の毛は主にタンパク質(ケラチン)で出来ているのですが、タンパク質を合成する為に必要な栄養素も摂取しなければ健康な髪の毛を育てる事が出来ません。

特に必要なのは動物性タンパク質・植物性タンパク質・ビタミンB群・ビタミンC・亜鉛・ヨウ素・鉄分で、おすすめな食材は牡蠣・うなぎ・青魚・卵・ヨーグルト・豆腐・納豆・海藻類・緑黄色野菜などです。
これらをバランスよく摂取する事が頭皮環境を整え健康な髪の毛を育てるので、積極的に摂取するようにしましょう。

関連記事:髪の毛に良い食べ物・悪い食べ物とは?抜け毛を予防に効果的な食べてほしい食品(栄養)を紹介

コロナ禍で増えた薄毛の悩みへの対策:適度に運動をする

運動不足は血行不良を起こしやすいと先述した通り、2つ目のコロナ禍で増えた薄毛の悩みへの対策は適度に運動する事です。
一定量の筋肉を維持する事は血行促進や成長ホルモンの分泌・体温低下の防止にも繋がりますし、適度に汗をかく事で頭皮環境の悪化も防ぎます。

汗をかいた後は頭皮の常在菌のエサになってしまう汗や皮脂を綺麗に洗い流し、清潔にする事で抜け毛や薄毛の進行を遅らせる事も出来るので、コロナ禍であったとしても適度に運動をして筋肉量を落とさない・または増やすようにしましょう。

コロナ禍で増えた薄毛の悩みへの対策:生活サイクルを一定に保つ

起床時間や睡眠時間、食事の時間を一定に保つこともコロナ禍で増えた薄毛の悩みへの対策になります。
質の良い睡眠を6~8時間程度とることは成長ホルモンの分泌に大きく関与していますし、起床時間を一定に保ち太陽光を浴びる事で体内時計をリセットすると規則正しい生活を送ることに繋がります。

食事はしっかりと3食バランスよく摂取して、脂質や糖質の摂り過ぎを避けて寝る3時間以上前には夕食が終わっているようにしてください。
就寝の直前に食事をすると睡眠の質が低下し、食べたものを消化する為に血液が胃腸に集中してしまい頭皮に血液が届かなくなるので避けましょう。

コロナ禍で増えた薄毛の悩みへの対策:頭皮環境を適切に保つ

テレワークや休校などである程度まとまった時間が取れる方には、特におすすめしたいコロナ禍で増えた薄毛の悩みへの対策が頭皮環境を適切に保つ事です。
日々忙しく仕事や勉強に追われている方にはほんの少し難しいかもしれませんが、男性なら10分程度・女性でも20分ほどあれば出来るので是非実践してみてください。

頭皮環境を健やかに保つには、使用するシャンプーの見直し・シャンプーやドライヤーの正しい方法などがあり、これまでのヘアケアを少し見直すだけで大きく変化する事があります。
頭皮の肌質に合ったシャンプーを使い、十分な予洗いとシャンプー時の注意点・十分なすすぎに正しいヘアドライの方法をまとめた記事(頭皮ケアは保湿が肝心?正しいケアのやり方と重要なシャンプーの選び方)がありますので、是非こちらも併せて読んでみてください。

コロナ禍で増えた薄毛の悩みへの対策:様々なストレス解消方法を試す

これまで外出してストレス解消をしてきた方や一人の時間が取れなくなった方に実践していただきたいコロナ禍で増えた薄毛の悩みへの対策が、様々なストレス解消方法を試す事です。
例を挙げますと、心で感じているモヤモヤを紙に書き出す・1~2分の瞑想・創作活動・日光浴・ぬるま湯に浸かる・映画や小説などを鑑賞するなどがあります。

コロナ禍で花や絵画のサブスクリプションサービスが増えたという事例もありますし、少しでも自然を感じられる事を試してみる事もおすすめです。
ただし、暴飲暴食や飲酒・買い物でのストレス発散は、後悔してストレスが増す事もあるので避けるようにしましょう。

まとめ

今回はコロナ禍で若年層の薄毛の悩みが加速化している事、コロナ禍でも簡単にできる薄毛への対策を解説させて頂きました。
当院へ来院された方はコロナが蔓延してから急増しており、特に若年層にその傾向が顕著に表れています。
オンライン会議やWEB受講などで自分と周囲の方を見比べたり、SNSへの投稿や自撮りで気付かれる事が多い若年層は薄毛への対策を行う事で早期に健康な髪の毛に戻る事が多いので、是非試してみてください。

また、コロナ禍において全年齢層でストレスや生活に変化が起き、自分一人で悩みを抱えてしまっている状態ですと、より強いストレスに苛まれ薄毛の悩みが深刻化してしまう恐れもある為、早めに薄毛の専門家へ相談する事もおすすめです。

当院では主に副作用のある薬を使わない薄毛治療を行っておりますし、安心して相談していただける環境を整備しております。
是非お気軽に下記のリンクからご相談ください。

髪の毛に関するお悩みはありませんか?お気軽に相談ください。

渋谷店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:03-6455-1408

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

吉祥寺店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:0422-29-9096

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

馬鳥 亮佑のアバター 馬鳥 亮佑 スーパースカルプ吉祥寺店・渋谷店総括長|スーパースカルプ発毛協会理事

スーパースカルプ発毛療法を用いたAGA患者年間1000件以上の改善実績を元に、スーパースカルプ吉祥寺駅前店を開院。現在、吉祥寺駅前院、渋谷院を展開。
一般社団法人スーパースカルプ発毛協会の理事として毛髪業界の健全化を目指し、その目的のために活動中。
youtubeとして【りょーすけ先生。髪ワザchannel】として活動をして効果のある治療方法や正しい薄毛対策法の知識を提供し、登録者数1万人越え。
発毛技能士
毛髪診断士
東京薬科大学大学院卒

目次
閉じる