抜け毛がひどい10代や20代の女性が今絶対にやるべき対策法10選

まだ10代や20代の女性なのに、ブラッシングやシャンプーの時に抜け毛がひどいと驚く方が増えています。

特に女性は誰にも言えずに一人で悩まれる方が多く、原因がどこにあるのかと不安にかられ、より抜け毛が増えてしまうという悪循環に陥ることが多いです。

そこで今回は女性に多い抜け毛の原因、行うべき10個の抜け毛対策法を解説していきます。

10代・20代以上の女性に多い抜け毛のお悩みへの原因と対策は、以下の動画で解説していますのでご覧になってみてください。

目次

10代・20代の女性に多い抜け毛の原因とは?

10代や20代は新しい生活や環境の変化が大きく影響する事もあり、知らず知らずのうちに抜け毛の原因を作ってしまう事があります。

まずは抜け毛が増える原因になることを6つご紹介していきますので、当てはまることが無いかを確認してみましょう。

10代・20代女性に多い抜け毛の原因:栄養不足

下校時や塾帰りの寄り道、社会人や一人暮らしであれば作るのが面倒でファストフードやインスタント食品が増えたり、節約のためにと食費を削るなどして栄養不足になり、ひどい抜け毛になることがあります。

10代・20代の女性は思っているよりも必要な栄養を摂れていない事が多く、特に髪の毛にはタンパク質やビタミン・ミネラルが必要になるのですが、タンパク質や鉄分・ビタミンB群・ビタミンD・脂質が不足しやすいです。
また朝食を食べない方が増えていることから、髪の毛にまで栄養が行き届かなくなり抜け毛が増えてしまいます

10代・20代女性に多い抜け毛の原因:過剰なダイエット

気に入ったスタイルのファッションを楽しみたいからと過剰なダイエットに取り組み、必要な栄養を摂れないばかりか食事を抜いたり過剰な糖質制限をしたりする方が多いです。

過剰なダイエットは鉄欠乏性貧血を招いたり、拒食症や過食症などの摂食障害を引き起こす事もありますし、命の危険が無くても肌荒れや髪の毛のハリやツヤが失われるなど、美しくなる事を目的とするダイエットで美しさを失う事もあります。
さらに過剰なダイエットを続けることで生理が止まり将来的な事にも影響を及ぼしてしまいますし、栄養不足と女性ホルモンの分泌が低下する事で髪の毛が細くなり抜け毛が増える原因にもなるのです。

10代・20代女性に多い抜け毛の原因:睡眠不足

友達付き合いやSNS・勉強と部活動の両立や通勤時間の長さ、ゲームや読書などの趣味に悩みなどから睡眠不足になることも、ひどい抜け毛を起こす原因です。

睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が低下し、細胞の代謝やダメージの修復などが出来なくなるので髪の毛が十分に成長することが出来ず、自律神経のバランスが乱れてしまい血流不足になり、髪の毛の成長に必要な栄養が届けられなくなります。
他には日中に眠気が襲ってくる、疲れが取れない・記憶力や免疫力の低下など抜け毛以外にも悪影響を及ぼしてしまい、キレやすくなる・やる気が出ないなど精神的にも影響が出てしまうのです。

関連記事:睡眠不足でハゲる?寝ないと薄毛になる理由や睡眠改善で対策できるか解説

10代・20代女性に多い抜け毛の原因:ストレス

10代・20代女性に多い抜け毛の原因には、外因的なものや内因的なストレスも大きく関わっています。
内因的なストレスには進学・就職や引っ越し、仕事や人間関係が主となり、外因的なストレスには紫外線や気温差・有害物質などがあり、生きていくうえで避けられないものが多いです。

またストレスを感じやすい方は完璧主義であったり心配性・自己評価が低いなど、プラスに働く面もありますが基本的にマイナスになりやすい考え方を持つ方が多く、ほんの少しでも考え方を柔軟にする事でストレスを感じにくく出来ます

10代・20代女性に多い抜け毛の原因:同じヘアスタイルを続けている

学校の校則や会社の就業規則、または習い事などで同じヘアスタイルを長期間続けていることも、10代や20代の女性がひどい抜け毛になってしまう原因です。
特にロング~ミディアムヘアの女性でポニーテールやお団子ヘアなどのひっつめ髪にする事が多い方や、エクステを長期間付けている方は牽引性脱毛症を発症しやすくなります。

同じ場所できつく髪の毛を結ぶ方や分け目が一定の方に多く、髪の毛が生える方向と反対に引っ張られ続けることで毛根や頭皮に負担がかかり、頭皮の血流が悪化して髪の毛を作る細胞が弱くなってしまうため、抜け毛が増えてしまうのです。

10代・20代女性に多い抜け毛の原因:カラーやパーマのスパンが短い

おしゃれに敏感な10代や20代の女性はパーマやヘアカラーを頻繁に行う事がありますが、月に何度も行ってしまうような場合はひどい抜け毛を引き起こす事があります。
特にパーマの後にブリーチを行って髪の毛を白くした上にカラーを行うような施術を頻繁に行うと、髪の毛が傷む事はもちろん頭皮へのダメージも増えてしまい、抜け毛だけでなく切れ毛・フケ・頭皮が炎症を起こすことにも繋がってしまうのです。

また美容院でカラーを行わず、市販されているカラー剤でセルフカラーリングを行っている場合は、美容院で使用しているカラー剤よりも刺激や作用が強いので、必ず美容院でケアしながら行うようにしましょう。

10代・20代女性に多い抜け毛の原因:疾患・出産などによるホルモン異常

10代・20代女性は、疾患や出産などによるホルモン異常でひどい抜け毛を起こしている可能性もあります。
疾患には、甲状腺機能低下症や甲状腺機能亢進症といった甲状腺ホルモンの分泌が少なすぎる・多すぎるものや、膠原病という全身に炎症を起こすものや亜鉛欠乏症などがあり、疾患が原因の場合は治療を行う事が必要です。

出産の場合は、妊娠中に多く分泌されていた女性ホルモンが出産と同時に一気に低下してしまうことによるもので、基本的には自然に元のヘアサイクルに戻ることでひどい抜け毛が治まっていきます。

普通の抜け毛と危険な抜け毛のチェック法

前述したような生活環境の乱れや血流不足に陥ってしまうと、ヘアサイクルが乱れ成長期が短くなり髪の毛が細くなったり抜けやすくなります。

ご自身の抜け毛をチェックすることで、普通の抜け毛なのか薄毛になってしまう危険な抜け毛なのかを簡単に判断することが出来るので、まずは本数や抜け毛の毛根・髪の毛の太さに注意してみてください。

何本くらいなら抜け毛があっても大丈夫?

髪の毛は成長期・退行期・休止期というヘアサイクルに伴い、ある程度成長した段階で自然に抜けていきます。
女性は平均して4~6年程のヘアサイクルがあり、1つ1つの毛穴によってその期間は異なりますが、1日に50~100本ほどが抜け毛となり新たな髪の毛を生やす環境にしていくのです。

1日に50~100本と言われてもピンと来る方は少ないですが、髪の毛を束ねている方は朝のブラッシング時と夜のシャンプー時にどの程度抜けているかを数え、80本程度であれば問題は無いかと思われます。
また抜け毛が増える季節は200本ほど抜ける場合もありますし、髪の毛全体のボリュームが急に減ったり急激に抜け毛の本数が倍増している等ではない場合は、そこまで不安になることは無いでしょう。

抜け毛の太さや毛根をチェックしてみよう

続いては抜け毛の毛根や髪の毛の太さをチェックしてみましょう。
抜け毛を白い紙の上に置き、拡大鏡やスマホのカメラアプリでマクロモードを使い毛根部分を見た時に、白くぷっくりと膨らんでいるものや半透明の毛根鞘が付いていおり髪質もしっかりとしたものであれば、正常なヘアサイクルによって発生した抜け毛です。

危険な抜け毛になると毛根が痩せて細くなっていたり、黒く切れ毛のようにいびつな形・またはヒゲ根のようなものが付いている、ベタベタした付着物が毛根の上の方まで付いている事があります。
毛根が小さくやせ細っている場合は成長期の途中で抜けている、黒い場合やヒゲ根があるものは髪の毛の栄養不足、ベタベタした付着物がある場合は頭皮環境が悪化して皮脂が過剰に分泌されていると考えられ、抜け毛がひどい状態になっているのです。

10代・20代女性が今すぐ行うべき抜け毛対策法10選

おしゃれが気になる10代・20代の女性で抜け毛が増えてしまうと、ヘアスタイルの維持にも影響が出てきてしまいます。
原因は1つではなく、様々な事が絡み合ってひどい抜け毛になっている事が多いですし、10代や20代の女性だからこそ綺麗な髪の毛を保つために対策法を行うべきです。

抜け毛は1日でも早く対処したいと考える方が多いので、これからご紹介する10個の抜け毛対策法を是非参考にして下さい。

10代・20代女性におすすめの抜け毛対策法:食生活の見直し

まず10代や20代の女性での女性でも簡単に気を付けることが出来る抜け毛対策法として、食生活を見直すことが挙げられます。
ご飯やパン・麺類中心やファストフードへの立ち寄りが多い食生活では、良質なタンパク質やミネラル・ビタミンが不足してしまい髪の毛が成長する為に必要な栄養が足りないです。

また10代や20代の女性に増えているのが鉄欠乏性貧血で、鉄分は血中に含まれる酸素や栄養素を全身に運ぶ役割をしているので、貧血気味の方は髪の毛が細く弱くなりひどい抜け毛を引き起こす原因となるため、バランスの良い食生活へと見直すことが必要となります。

関連記事:【抜け毛予防】髪の毛に良い食べ物・悪い食べ物ランキング22選

10代・20代女性におすすめの抜け毛対策法:無理なダイエットをやめる

食生活を見直すことにも通じるのですが、体重ばかりを気にしてしまい過度なカロリー制限を伴うダイエットや食事を抜くなどの無理なダイエットを行っていると、ひどい抜け毛を引き起こしてしまいます

手っ取り早く痩せたいという気持ちから短期間で無理なダイエットを繰り返す10代や20代の女性がいますが、ご自身の体質や過不足している栄養素などによって合うダイエットを行わなければ、希望のスタイルになれないのです。
瑞々しい肌と艶やかな髪の毛を保ちながらスリムになれるような、そういったダイエットであればひどい抜け毛になることもありませんので、まずはご自身の生活習慣からダイエットの方法を考えていくことも抜け毛対策法になります。

10代・20代女性におすすめの抜け毛対策法:正しいシャンプーをする

10代や20代の女性は香りや手触りなどでシャンプーを選ぶ事が多いですが、洗浄成分が頭皮の肌質に合っていない場合はひどい抜け毛やかゆみ・フケを招く事があります。
特にシャンプーを変えてから抜け毛がひどいという場合は、シャンプーに含まれている洗浄成分が強すぎたりアレルギーを起こしている可能性が高いです。

なるべく洗浄力が程良いアミノ酸系シャンプーを使い、頭皮に負担をかけないよう正しく丁寧なシャンプーをし、タオルドライ後は出来るだけ早くドライヤーで乾かすという正しいシャンプーをすることが今すぐできるおすすめの抜け毛対策法です。
またパーマやヘアカラーで髪がきしむからと、根元近くまでトリートメントを行う方がいますが、根本付近は分泌される皮脂によって守られますので、毛先を中心に頭皮に付かないようぬめりが無くなるまでしっかりとすすぐようにしてください。

関連記事:頭皮ケアは保湿が肝心?正しいケアのやり方と重要なシャンプーの選び方

10代・20代女性におすすめの抜け毛対策法:頭皮マッサージをする

続いての10代・20代女性におすすめする抜け毛対策法は、頭皮の血流を促進して髪の毛が成長する為に必要な栄養を毛母細胞へ届ける頭皮マッサージです。
シャンプーをする時に頭皮マッサージも兼ねて行えば時短にもなりますが、長時間行うと頭皮が乾燥しやすくなるので短時間でしっかりとポイントを押さえて行うようにしましょう。

前頭部や側頭部・後頭部を除いた頭頂部には筋肉が無いので、血液を周囲から頭頂部に集めるような気持ちで下から上へとマッサージしていくことがおすすめです。
マッサージをする際は爪が頭皮にあたってしまわないよう、指の腹や手のひらの手首に近い部分の他、手をグーにした指の第1関節・第2関節の平らな部分を使いましょう。

10代・20代女性におすすめの抜け毛対策法:睡眠習慣の見直し

勉強や仕事・遊びにと忙しい10代や20代女性には少し難しいかもしれませんが、ひどい抜け毛への対策法として重要になるのが睡眠習慣の見直しです。
最低でも6時間は寝ているという方でも、睡眠の質が悪ければしっかりと成長ホルモンが分泌されず、ダメージの修復や細胞の活性が出来ないので抜け毛が増えてしまいます。

寝る1時間以上前からはSNSのチェックやゲームなどをしないようにして目を休め、2時間ほど前までに食事や入浴を済ませてしっかりと深く眠れる環境を整えましょう。
また朝は同じ時間に起き、すぐにカーテンを開けて朝の光を浴びて体を目覚めさせるようにすると、生活リズムが少しづつ整い睡眠の質を高めることが出来るようになります。

10代・20代女性におすすめの抜け毛対策法:紫外線対策をする

10代や20代の女性にかかわらず、顔や腕などの肌には日焼け止めを使っていても髪の毛や頭皮には無頓着な方が多いです。
頭部は体の中でも一番高い位置にあり、太陽に近く紫外線を肌の3倍も浴びてしまいダメージを受けやすいので、光老化が進行しやすくなります。

夏のギラギラした太陽から降り注ぐUV-B波だけではなく、1年を通して日が当たる場所であれば降り注いでいるUV-A波は真皮層にまで到達し、頭皮を乾燥させ髪の毛を作る細胞に悪影響を与えひどい抜け毛を起こす事もあるので、屋外に居る事が多い時だけでなくUVカットできるヘアケア剤や日焼け止めを使う、帽子や日傘を使用するようにしましょう。

10代・20代女性におすすめの抜け毛対策法:ストレスをためない

生活環境が変化しやすい10代や20代の女性は、人間関係や仕事内容などで悩みストレスを抱えることが多いのですが、受けたストレスを溜めないようにうまく解消することも抜け毛対策法になります。
現代で全くストレスを感じずに生活していくことは難しいですので、こまめにどこでも一人でストレスを解消出来る方法を見つけて対処できるようにしましょう。

また気の合う友人や同僚に愚痴を聞いて貰ったり、信頼できる上司や家族・友人に相談する、トラブルの専門家へ相談するなどもおすすめです。
運動や旅行など気分がリフレッシュする事を行うことや、ゆっくりとアロマを楽しむ・入浴する・大声を出すなど自宅で行えるストレス解消法を見つけてみてください。

10代・20代女性におすすめの抜け毛対策法:たばこ・アルコールを控える

10代の未成年者にはいないと思いますが、今は20代女性でも喫煙者や飲酒を楽しむ方が増えており、タバコやアルコールの影響で抜け毛に悩む方がいます。
タバコにはニコチンやタール・一酸化炭素などの有害物質が含まれているため、血流悪化や体内の活性酸素の増加・酸素欠乏などによって毛乳頭細胞や毛母細胞が栄養不足となり、抜け毛が増えてしまうのです。

加熱式タバコであってもひどい抜け毛を起こすリスクは変わらないので、禁煙できるように努めましょう。
またアルコールは、体内で変化したアセトアルデヒドの分解に髪の毛に必要な栄養素を大量消費してしまいますので、適量を見極め飲み過ぎないようにすることが抜け毛対策法になります。

10代・20代女性におすすめの抜け毛対策法:ヘアスタイルを一定にしない

校則や就業規則で髪の毛を結ぶ事が多い10代や20代の女性は、決められた範囲の中で髪の毛を結ぶ位置を変えたり、強さを弱めるようにし、同じヘアスタイルを続けないようにしましょう。
普段髪の毛を下ろしている方も、分け目を少しづつずらすようにして同じ分け目に紫外線を浴び続けないようにし、頭皮や毛根にかかる負担を分散させることがひどい抜け毛への対策法です。

特にポニーテールやお団子ヘア・きつく結んだ編み込みなどは髪の毛や頭皮を常に引っ張っている状態にしてしまいますので、ヘアゴムは太いものを使ってきつく結ばないようにして多少崩す、ヘアクリップやバレッタなどで留めることもおすすめなまとめ方となります。

10代・20代女性におすすめの抜け毛対策法:カラーやパーマの頻度を減らす

おしゃれに敏感な10代や20代の女性は、ヘアカラーやパーマ(ストレートパーマや縮毛矯正を含む)を毎月どちらも行うという方が多いのですが、ひどい抜け毛への対策法としてはどちらかの施術のみにして頻度を減らすことです。
どちらの施術も頭皮に薬液が付いてしまう事があり、薬液の強い刺激によって炎症を起こしフケやかゆみ・痛みといった症状や切れ毛・抜け毛が起こる事があります。

特にハイトーンカラーを行いパーマもかけているのであれば、髪の毛のダメージも相当ですし頭皮にもかなりのダメージを負ってしまうのです。
どうしても同じ月にヘアカラーとパーマを行いたい場合は、先にパーマをかけて1週間ほど空けてからカラーをするようにしましょう。

まとめ

今回は10代や20代の女性に増えているひどい抜け毛の原因、おすすめの抜け毛対策法を解説いたしました。

抜け毛が50~100本程度の範囲内であっても、急激に抜け毛が増えているような時は頭皮に何らかのトラブルが起こっている可能性がありますので、不安であれば今回ご紹介した対策法を行い、少しでも抜け毛が減るように対処してみてください。

また頭皮や髪の毛も食べたものからできているので、栄養バランスの整った食事に切り替え、不足しているような栄養素があればサプリメントを取り入れてみましょう。

対策を行っても抜け毛が減らない場合は、専門家に相談してトラブルの原因を突き止め、適切な治療を行う事が重要になりますので、お一人で悩む事無く気軽にご相談ください。

髪の毛に関するお悩みはありませんか?お気軽に相談ください。

渋谷店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:03-6455-1408

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

吉祥寺店のご予約はこちら

- 初診ご予約専用窓口 -

TEL:0422-29-9096

- 24時間受付中! 発毛お試し体験 -

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

馬鳥 亮佑のアバター 馬鳥 亮佑 スーパースカルプ吉祥寺店・渋谷店総括長|スーパースカルプ発毛協会理事

スーパースカルプ発毛療法を用いたAGA患者年間1000件以上の改善実績を元に、スーパースカルプ吉祥寺駅前店を開院。現在、吉祥寺駅前院、渋谷院を展開。
一般社団法人スーパースカルプ発毛協会の理事として毛髪業界の健全化を目指し、その目的のために活動中。
youtubeとして【りょーすけ先生。髪ワザchannel】として活動をして効果のある治療方法や正しい薄毛対策法の知識を提供し、登録者数1万人越え。
発毛技能士
毛髪診断士
東京薬科大学大学院卒

目次
閉じる